火遊びを使用した俳句

火遊びに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火遊びを含む俳句例

寒鯉の肝火遊びの火種にぞ/新井/寛

恋蛍火遊びといふ遊びせむ/宮本美津江

葭を焼く火遊びに似て男の眼/鈴木鷹夫

乙字忌や火遊びのごと句に溺れ/河野南畦

土あそび火遊びの窯見て遅日/赤松けい子

火遊びの下手な農夫が畦を焼く/島/豊水

火遊びの児の名は言へず火事見舞/中谷浪女

火遊びの子らがまだゐて冬の暮/上田五千石

火遊びの富士山焼に比するなし/上田五千石

火遊びの火の粉や母の髪焼きに/堀井春一郎

火遊びの我れ一人ゐしは枯野かな/大須賀乙字

牡丹を焚く火あそびをひとりして/上野さち子

タイトルとURLをコピーしました