満面を使用した俳句

満面に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

満面を含む俳句例

桃の花を満面に見る女かな/青々

元日の日を満面に屏風巌/関森勝夫

円空仏喜色満面蝶よぎる/近藤一鴻

幼子の満面つばめ帰りけり/原田喬

桜桃の花満面に茂吉歌碑/皆川盤水

海上の日を満面に雪解瀧/松村蒼石

満面に雪解の声の花時計/鷹羽狩行

満面のただ虚ろなり袋角/加藤元子

白樺の満面黄なり子守唄/堀口星眠

朝顔の喜色満面とぞ見たり/青木重行

満面にふくらんで来し朝桜/皆川盤水

満面に初日妻つれわたる畦/石川桂郎

満面に桃の花濃き伊達郡/増田ヨシ子

満面に花野の入日訃に向ふ/石原舟月

満面の笑みに活力十二月/宮田志津子

結願の満面つつむ藤あかり/影島智子

もの足らぬなり満面の冬茜/小島千架子

春の雨池の満面濡らしけり/斎藤くめお

見えぬ目に仰ぎ満面落花浴ぶ/木村風師

駆ける子ら菜の花明り満面に/浅井青陽子

俳句例:21句目~

満面に夜火事を見るや孤児二人/榎本冬一郎

満面に田の氷眩しく独りでゆく/千代田葛彦

タイトルとURLをコピーしました