夕影/夕かげ/夕翳を使用した俳句

夕影/夕かげ/夕翳に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夕影/夕かげ/夕翳を含む俳句例

鉾杉の夕影いたる畑打/村岡悠

寸前を夕影走る藪柑子/菅裸馬

風花や夕影帯びし壷一つ/秩父

夕影や浅草にゆく浴衣がけ/碧童

夕影に薊淋しや野の厩/高田蝶衣

牡丹や夕影中の榻青磁/楠目橙黄子

夕影に稲の花水鯉そだつ/飯田蛇笏

夕影を曳く薄墨の花に又/稲畑汀子

夕影の青芝踏みて鶴涼し/日野草城

一つづつ夕影抱く蓮かな/高浜虚子

夕影や老衰したる庭歩き/飯田蛇笏

山蟻のはや夕影の秋の幹/木下夕爾

山茶花に夕翳うまる廓あと/有働亨

えり挿の夕影波に折れ曲り/岸風三楼

箕面路の夕かげ早き簾かな/岸風三楼

ほとゝぎす夕影深くなりにけり/草城

穂芒や山の夕影倒れくる/徳永山冬子

石楠花に夕影女人高野かな/平山千江

夏雲に夕影早き川面かな/大場白水郎

夕影のずん~見えて蝉涼し/鈴木花蓑

俳句例:21句目~

寧楽山の夕影まろし仏生会/長沼恒子

夕影に水屋暗さや風炉名残/桜木俊晃

寂として畔の夕かげ稲稔る/飯田蛇笏

夕影や焚火の煙遠く這ひ/大場白水郎

夕影の散らばつてくる枯芙蓉/岸田稚

寒牡丹夕影まとふこと迅し/有馬朗人

湯宿皆夕影ひきぬ河鹿鳴く/高浜虚子

水くれて夕かげ待つや螢籠/井上井月

片栗の花に夕影ひろがりし/倉田紘文

鋤上げし畝の夕影大根蒔く/小口白湖

夕影にくれなゐふかし梅筵/内藤吐天

鶏頭の夕影並び走るなり/松本たかし

寒く淡し父子の夕影重ねても/香西照雄

赤子眠るままに夕影桔梗白し/宮津昭彦

湯宿みな夕影ひきぬ河鹿鳴く/高浜虚子

秋色か木の間にあるは夕影か/高木晴子

葱うゑる夕影の土やや冷えぬ/飯田蛇笏

夕かげをひきとめてゐし都草/手塚基子

夕影の二日の富士や見給はず/小池文子

雪折の枝に夕影のこりけり/柴田白葉女

俳句例:41句目~

夕影も淋しくなりし汐干かな/野村泊月

鮎の瀬の夕かげ町の芥捨てに/右城暮石

夕影や浸り余れるひびほとり/林原耒井

水打つによき夕影となりにけり/山崎房子

大富士の夕かげ持ちぬ蕗の薹/深見けん二

夕影にたえて嘶かざる耕馬かな/飯田蛇笏

夕かげを曳く草矢なり帰らなん/高濱年尾

留守居して夕影になる冬日かな/小澤碧童

目覚めればすでに夕翳春の風邪/菅野一狼

供養針にも夕影といへるもの/深見けん二

夕翳や魚籠上ぐるより鮒凍てぬ/原田種茅

わが中のユダ夕影の鳥かぶと/金箱戈止夫

苗代に夕影し去ぬでもなく若気/喜谷六花

夕影を待てるがごとき鵜籠かな/後藤夜半

挿木みな夕影ながき水辺かな/大橋櫻坡子

早苗束夕影を濃くもたれ合ふ/原田しずえ

雪折れの枝に夕影のこりけり/柴田白葉女

春服や夕影いつか冷えてきし/徳永山冬子

夕影は流るる藻にも濃かりけり/高浜虚子

麦踏の夕影連れて去りゆけり/徳永山冬子

俳句例:61句目~

夕影のかぎりをつくし鶴凍つる/大岳水一路

蕎麦を刈る山の夕影に会ひてなほ/宮津昭彦

貝殻拾はう夕影の長い手を伸ばす/大橋裸木

桃あからむ夕かげ牧にゆたかなり/小池文子

夕影をくるくる巻いて散るさくら/高木きみ子

夕影をくるくる巻いて散るさくら/深見けん二

しらぎくの夕影ふくみそめしかな/久保田万太郎

タイトルとURLをコピーしました