書物を使用した俳句

書物に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

書物を含む俳句例

秋桜繰れば灰になる書物/田中亜美

読初の書物の中の人恋す/藤原輝子

一冊の書物にすぎぬ真葛原/斎藤愼爾

積み上げし書物の上の蝿叩/竹本白飛

堆書裡の書物くづるる根深汁/山口青邨

帰省子と書物往来ありにけり/下村槐太

春雷や書物の森というコラム/斎藤一也

色鳥や書斎は書物散らかして/山口青邨

海に出て眠る書物とかがやく指/金子兜太

父ありき書物のなかに春を閉じ/寺山修司

わが死後を崩るる書物秋うらら/宇多喜代子

梅雨の夜の書物に海が一つずつ/高野ムツオ

書物の起源冬のてのひら閉じひらき/寺山修司

地政學の書物僕も少し読む火鉢の火を直す/中塚一碧樓

新しい書物ひらくに似て北国に来た/五月/安間多加子

タイトルとURLをコピーしました