御身を使用した俳句

御身に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

御身を含む俳句例

鞦韆や隣みこさぬ御身躰/炭太祇

春灯や御身の細き百済仏/木暮剛平

練供養御身丈低き一菩薩/鎌田真松

宿れとは御身いかなるひと時雨/宗因

寒菊や仏となりし御身の色/尾崎紅葉

甘茶仏真水で洗ひ御身浄む/余田厚子

今日明日も御身茸の山向けり/対馬康子

仏塵に一僧失せぬ御身ぬぐひ/河北斜陽

天の川御身ら我らそのほとりに/原田喬

寒声の天知る地知る御身よな/尾崎紅葉

こだわれば御身大切猫のひげ/横須賀洋子

初つくば鞭ふる御身拝しつつ/高山れおな

水掛不動冬みどりなる御身の苔/大石悦子

瓜ぬすむあやしや御身誰やらん/正岡子規

御身いま壷のなかなる寒さかな/秋山巳之流

御身愛しめリラの押花送られたし/鈴木しづ子

タイトルとURLをコピーしました