水口を使用した俳句

水口に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水口を含む俳句例

小まで遊ぶ水口祭かな/柳几

水口の会所の跡や夏薊/金子晉

水口に祭られかほの蛙かな/菊谿

神迎水口だちか馬の鈴/浜田酒堂

水口の幣喜びの雨に濡れ/森田峠

源五郎游ぐ水口祭りけり/林大馬

水口に水の錆いろ稲穂波/松本久

水口の泥が走りて夏祭/綾部仁喜

水口の石も洗ひて年用意/北尾きぬ

水口のまはり真白に花薺/長谷川櫂

一枚田残る/水口祭して/土田桂子

会釈して水口祭の峠神/大井戸/辿

鰌出て祭る水口濁しけり/大島祥石

雪山を奔りきし水口漱ぐ/長谷川櫂

夕風や水口に置く余り苗/加古宗也

蛙皆うたふ水口まつり哉/正岡子規

螢火の水口の石照らしたる/上村占

水口に置く提灯や夜水番/西山泊雲

水口の辺りは青し冬田かな/南耕風

水口にはらりと皮や今年竹/飴山實

俳句例:21句目~

水口に乾く置石山眠る/北川貴和子

水口を祭る種々簑のうち/西山泊雲

水口や池なりに寄せ花筏/石川桂郎

水口へはらりと皮や今年竹/飴山實

水口に高野聖と馬蛭と/佐々木六戈

関の戸や水口まつる田一枚/飯田蛇笏

陽炎や手に掬ぶ水口ヘまで/尾崎迷堂

山冷えの水口祭る燧火かな/松村蒼石

忌串立て水口祭終りけり/榊原市兵衛

撒き米の白く水口祭られし/丹野斗星

旱田の水口に佇ち畦に佇ち/堅田春江

水口にうごく田水や寒の内/松村蒼石

水口に清明の雲はしりけり/大獄青児

水口に田の神在す良夜かな/藤原款冬

水口に田螺太らせ藺田の雨/木村風師

水口に石ひとつ置き稲の花/長谷川櫂

水口に遊ぶ田螺も祭りかな/宮川庚子

水口に集まつて来る田螺哉/正岡子規

水口に音のしてゐる濁り鮒/加藤宵村

水口の止板にある冬日かな/岡井省二

俳句例:41句目~

水口や蓮の浮葉の揺れ通し/松藤夏山

草分けの村の水口祭るなり/成田千空

虫送り水口にさす藁の馬/佐々木北闘

負鶏に物言ひて水口移し/田川飛旅子

野おぼろに水口祭過ぎし月/飯田蛇笏

とろとろと日は水口に烏の子/長谷川双

水口の幣汚したる源五郎/美柑みつはる

水口に榊を立てて祀りあり/蒲原ひろし

水落しきつて水口はや萌ゆる/大熊輝一

水口をかためて風に種案山子/古舘曹人

花散りかヽる水口の塞ぎ石/藤田あけ烏

炒り米を撒き水口を祀りけり/山崎羅春

水口を抜けて萍ちりぢりに/水野幸四郎

獣皮干しあがり水口祭かな/吉本伊智朗

水口を祭り田螺を拾ひけり/滝沢伊代次

絹糸の雨に水口まつりけり/大峯あきら

水口ヘ大芹立てる寒さかな/廣江八重櫻

落葉松のかこむ水口祭りけり/大島民郎

蓑ぬぎて水口祭る神事かな/佐久間法師

水口に鯉かたまるや朝ぐもり/澤村昭代

俳句例:61句目~

幣散つて水吸ふ水口祭あと/山田みづえ

水口の神在します海芋の辺/町田しげき

赤子抱ききて水口を祭りけり/三浦久子

水口に遊べるものは源五郎/深川正一郎

水口は人の顔浮く朝ぐもり/宇多喜代子

夏たのしわが家の井水口含み/相馬遷子

鮒群れてのぼる水口祀りけり/田中敦子

海にはなびら水口をまつりけり/田中裕明

水口によれば流されあめんぼう/香下純公

待つ蟹のゐて水口はにごさずに/影島智子

水口の水のひそかに小水葱咲く/中島登美

水口をやさしう祭り去りにけり/野村喜舟

水口に水のはやれる代田かな/吉岡禅寺洞

水口を祭りし畦の塗り照らふ/金子無患子

水口に引っかかりゐる刈藻かな/長沼典子

襟に挿すやうに水口に幣を挿す/加倉井秋を

マスクの人水口に幣立ててゆく/藤田あけ烏

幣ひらひら夜も水口の神います/橋本多佳子

水口をまつるや仔馬駈けり越ゆ/加藤かけい

初ほたる水口の幣照らしけり/七田谷まりうす

タイトルとURLをコピーしました