火の手を使用した俳句

火の手に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火の手を含む俳句例

東大寺方より火の手お山焼/岩崎三栄

岩肌に火の手かざせる草紅葉/岡田日郎

渡良瀬の火の手三里や葦を焼く/松本進

田仕舞の火の手あがれり衣川/内山芳子

雪痕の真下の火の手山を焼く/井沢正江

飾焚く小さき火の手守りをり/西村和子

城攻めの火の手あげたる櫨紅葉/上原白水

木莵は昼の火の手を知らざりき/攝津幸彦

菜殻いま天の一角へと火の手/赤松けい子

葬送の火の手をあげる石油罐/林田紀音夫

遅月の火の手かむりてやや歪む/北野民夫

キャンパスの裏手が火の手紅葉山/伊藤敬子

奥谿に紅葉の火の手あがりけり/飯村寿美子

移りつつ火の手をあぐる雉子かな/伊藤敬子

あいまいな地中海へとミモザの火の手/夏石番矢

ぶすぶすりとんどに火の手あがりけり/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました