雄ごころを使用した俳句

雄ごころに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雄ごころを含む俳句例

啼く鹿の雄心かなし月浴びつ/沢聰

雄心のほのかに紅し袋角/高木一恵

みちのくに雄心亢る野焼かな/齋藤玄

巌を打つ水の雄心山女釣り/飯田龍太

潮騒の雄心鶴の来る日なり/長野澄恵

絶壁を仰ぐ雄ごころ初蝶来/菅原鬨也

雄心のまだ少しくは羽抜鳥/大井戸辿

雄心の直きすがたの緑摘む/藤村克明

山焼の雄心たもつ幾日あり/沼尻巳津子

父の日の濤を雄心もて数ふ/永田耕一郎

亀甲の幹の雄ごころ松の花/鍵和田ゆう子

冬木鳴る教師雄ごころ保たずば/友岡子郷

紅梅に半ば雄ごころ透りけり/藤井冨美子

茂吉らが歌の雄ごころ朴咲けり/福永耕二

山々の雄ごころ甲斐は雲凍てて/渡邊千枝子

雄ごころを尽して裸木となれり/遠藤若狭男

雄心をふるいたたせむ木莵の声/宇多喜代子

タイトルとURLをコピーしました