艇庫を使用した俳句

艇庫に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

艇庫を含む俳句例

新月の仄めく艇庫冬眠す/飯田蛇笏

朝焼の汀艇庫より草刈られ/石川桂郎

来る筈の燕にひらく艇庫の扉/津田渓

獺祭横目に艇庫開きかな/柴崎甲武信

白南風に観音開きする艇庫/星野紗一

秋燕や艇庫に朽ちて父の櫂/齋藤愼爾

競漕の空しき艇庫潮さしぬ/山口誓子

かの癌の死よ艇庫にも水凍り/友岡子郷

初汐の艇庫閉されて夕焼けぬ/石原舟月

小気味よく艇庫を抜けし夏燕/能村研三

艇庫より男が現はれて冴ゆる/長谷川双

花真菰艇庫三高の徽章錆び/米沢吾亦紅

えりに透き艇庫の昼灯夏闌けぬ/宮武寒々

たんぽぽに艇庫の扉みな開く/石田あき子

南風の艇庫の裏にシャワー覗く/石川桂郎

葉桜のみちは艇庫に来てをはる/北澤瑞史

海風や艇庫に棕櫚の花こぼす/石井美代子「春嶺同人句集」

タイトルとURLをコピーしました