都市を使用した俳句

都市に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

都市を含む俳句例

鉄板の下は空洞零下の都市/三谷昭

薄氷の下真暗な都市がある/今井聖

冴返る万の足痕過密都市/寺井谷子

立冬や白骨都市の観覧車/和田悟朗

冬霞都市の輪郭和げる/稲畑廣太郎

冬耕のその双肩の上の都市/辻井夏生

冴え返る万の足痕過密都市/寺井谷子

金属の記憶に遠い過密都市/田中信克

直線と球の新都市冬木の芽/小島幸子

夾竹桃火花の如し過密都市/山本歩禅

繭やぶる虫の白昼博物都市/伊丹公子

室蘭は丘陵の都市青葉燃え/高浜年尾

追羽子の硬き音のみ沿線都市/藤井亘

逆光の飛行船浮く流感都市/横山房子

鴨翔んで黒人多き湖畔都市/北野民夫

六月の声押し殺す過密都市/山田一男

擾乱鎮圧後の都市の皮下出血/江里昭彦

春の草都市の地面にしがみつく/藤田健

紙面一葉忌と海上都市のこと/須川洋子

蝙蝠や川の向ふに過密都市/西牧トキ子

俳句例:21句目~

ハツカーの浮遊の指紋不眠都市/森洋彦

飢ゆる都市雪空動くゆるやかに/三谷昭

昨夜や雨都市周辺に春の雲/松崎鉄之介

霧の都市葱を束ねし藁をとく/森田智子

渇水都市凧澄明な腸をたらす/桜井博道

会い別る占領都市の夜の霰/鈴木六林男

万歳の顔に紐垂る煙霧都市/小川双々子

緑なす都市や獣の匂ひせる/長谷川照子

河終る工場都市にひかりなく/高屋窓秋

過密都市秋の居場所が定まらず/佐藤賢

影しるき鳩寄る海上都市の春/花谷和子

熱風傾斜し疾走バイク群都市/伊丹公子

漏水の堤防めぐらし早婚都市/和田悟朗

その下に古代都市ある枯野かな/武田知子

びっしりと異神の海峡都市夜涼/伊丹公子

びっしりと異神の赤道都市夜涼/伊丹公子

非核宣言都市へ襖をひらきたる/大石雄鬼

機翼灼け眼下に都市をあざけるか/皆吉司

二月暖雁鳴き渡る無防備都市/坂本ひろし

塔に神棲む多国籍都市の炒め鍋/伊丹公子

俳句例:41句目~

穢土浄土月の砂漠の賭博都市/保田白帆子

郁子の花山上に都市延びてゆく/篠田悦子

造花の紗にいま鋏入れ都市の裏/伊丹公子

秋うらら時の止まりし都市の跡/本多一基

石炭を欲りつゝ都市の年歩む/竹下しづの女

花ふぶき畝に鋤きこみ都市農夫/平井さち子

春遅々と噴水に透く過密都市/野見山ひふみ

春闘のデモ足早やに小さい都市/稲岡巳一郎

扇状都市の朝のおくゆき閑古鳥/平井さち子

家庭の灯だけでは都市の夜暗し/林田紀音夫

都市の麦黄なるは寂し家なしに/林田紀音夫

都市暮しやどかりほどの音たてて/中西夕紀

沙羅の花都市は僅かに傾ぎつつ/四方万里子

木の葉降るや都市の煤煙遥かなり/野村喜舟

婚礼車のリボンぷるぷる南洋都市/伊丹公子

風蝕の都市女らがぞくぞく生え/林田紀音夫

鍵穴殖え六月の都市きらきらす/櫛原希伊子

ダックの晩餐華僑に夕映え大陸都市/伊丹公子

汽罐焚いて都市を出でゆく十三夜/文挟夫佐恵

ヘリコプターの顔で近づく渇水都市/杉本雷造

俳句例:61句目~

硝子のなかの微笑あまたの都市夕景/伊丹公子

飢えつつも知識の都市を離れられず/藤木清子

都市の灯に山火事の呪詛濃く加わる/林田紀音夫

予告密集都市の何処かにあじさい咲く/伊丹公子

ハンカチに透けて無防備都市赤し/中村和弘「蝋涙」

性交も飽きてしまった地球都市したたるばかり朝日がのぼる/林あまり

タイトルとURLをコピーしました