白火を使用した俳句

白火に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

白火を含む俳句例

白火に今宵の月を淡しとも/播水

白火や国引せしといふ海に/青畝

白火や硝子に写る肋骨/各務耐子

白火や雪催ひなる佃島/升本行洋

漂ふと見えて白火相寄らず/渡辺昭

白火の遠きは北斗より淡く/椋砂東

白火や脚立の裾の水走り/高濱年尾

白火や盗作母の遺詠より/赤松ケイ子

カンテラの白火の数水に曳く/大橋敦子

白火のはなやぎ四手網上がる/松尾緑富

白火の暁闇むかしがたりして/黒田杏子

白火の近きは雨のそゝぐ見ゆ/皆吉爽雨

天守より夜々の白火見ゆるらむ/西村和子

宍道湖の白火をみてまたねむる/石原八束

白火の誰も居らざるときも燃ゆ/竹腰八柏

白火はまたたき湖はささやける/西本一都

旅装解かぬまま白火を見てゐたり/関口祥子

白火を見たるその夜の汽車に乗る/大峯あきら

タイトルとURLをコピーしました