過去を使用した俳句

過去に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

過去を含む俳句例

過去永く行手短かし稲光/石塚友二

川上に一燦の過去竹煮草/飯田龍太

塩田も造船も過去鳥雲に/山下美典

過去未来なき今熱し玉子酒/籏こと

櫻貝過去の人ほど鮮かに/古舘曹人

石愛し過去を語らぬ懐手/千賀静子

寒詣過去は谺の割れる先/首藤基澄

落椿煌と地に在り既に過去/楠本憲吉

白靴に男の過去は匂はざる/行方克巳

瞬きて過去よりもどる細雪/福永耕二

花冷や過去映すまで鏡拭く/有馬朗人

消炭の過去の又燃え上りけり/上野泰

未来より過去の遠しよ粥柱/吉田順子

過去よりも短き未来春の雲/西田静子

過去は右へ右へ朧の絵巻物/岡崎桂子

晩節や遠き過去より一螢火/齋藤愼爾

羅や逢はざる過去が甦る/河野多希女

冬萌や過去も未来も一炉辺/加藤楸邨

蜜豆や女は過去を語らざる/野村汀老

葭障子銀瓶ひとに過去ありき/及川貞

俳句例:21句目~

浅蜊椀無数の過去が口開く/加藤楸邨

片蔭に過去の片蔭終戦日/百合山羽公

過去苦く柘榴一粒づつ甘し/鷹羽狩行

筍山西へ行くほど過去深し/脇本星浪

廃屋の藤過去の少年和解せず/仁平勝

春の雲ほうつと白く過去遠く/富安風生

春泉にかがめば過去の顔々々/橋本榮治

落葉降る数過去となる時の数/新明紫明

昼のこともう過去となる月見草/星野椿

時の日や鸚鵡は過去を饒舌に/矢崎硯水

蛇を見し午後を過去とし夜の帯/岡本眸

蜩の声より過去となりゆけり/油布五線

胸中に過去の明るし白地着て/櫻岡素子

谷底へ過去張りついて青芒/河野多希女

美しき過去となりつつ虹消ゆる/長田等

どの庭も柿を育てて過去の景/和田悟朗

細い蛇落葉の谷へ過去埋めに/中島斌雄

満月に一夜足りない過去未来/登石詩子

赤蜻蛉父ゐし母もをりし過去/嶋田一歩

過去に又過去重なりぬ福寿草/加藤国彦

俳句例:41句目~

わが過去へ流るゝ如し天の川/山内山彦

過去はみな鏡のごとし秋の風/柴田白陽

過去へ向く己れ宥せず冬夕焼/河野南畦

過去忘じがたくそうろう夏の雲/黒木俊

過去未来つなぐ花野に旅立てり/島みえ

水の過去水の未来に温みそむ/稲畑汀子

過去未来一縷は朱で春の闇/河野多希女

一切は過去と云うても敗戦忌/高澤良一

過去諸仏未来諸仏や火を埋む/尾崎迷堂

過去遠くなるばかりなる更衣/岡安仁義

遠蛙過去を語れば過去明るむ/楠本憲吉

鏡割り過去亀甲に乾きをり/秦野智恵子

雪嶺に立つ父の過去子の未来/京極紀陽

雪洞の過去花に浮き人に浮き/蜷川露子

黄昏の白梅過去となつてゐし/角谷昌子

初晴れや戦は遠き過去とせむ/城谷登美

十人の過去は十色に針供養/町田しげき

千本の過去は知らざり針供養/石山正子

照り返えす過去黍畑に雄の馬/金子兜太

古暦過去を捨て去るごとく捨つ/戸田豊

俳句例:61句目~

夏服の皺や男は過去燃ゆる/米澤吾亦紅

夕霧に過去のごとくに町沈み/村松紅花

大冬木叩いて過去と訣別す/清武夫美子

大試験茫々過去の中に去りぬ/山口青邨

太陽の旺んなる過去晰蜴出づ/白岩三郎

梅雨の藪要塞地帯過去ばかり/桂樟蹊子

屈葬の過去も冬日を母として/有馬朗人

捩花親の因果は過去のこと/磯崎ゆきこ

男物裁つ寒色の過去ひろがり/寺田京子

炎上を過去に金閣かぎろへる/今井妙子

楪の互ひに知らぬ過去のあり/溝口博子

押花の菫見てゐて過去が冷ゆ/鈴木鷹夫

沖縄の片蔭過去をのみて濃し/沢たか女

日脚伸び過去語るとき人亡ぶ/丸山嵐人

籐椅子にある父の過去我の過去/松尾白汀

花嫁の輿来る過去の花野より/文挟夫佐恵

花夕焼過去まぼろしの如くかな/高田自然

この山の過去世の桜咲きにけり/角川春樹

花冷や母泣かす過去いくたびも/田中立夫

すみれ濃く茫々たるや過去一切/内藤吐天

俳句例:81句目~

わが過去に角帽ありてスキーなし/森田峠

わが過去の双六に似て行き戻り/伊東白楊

米研ぎつ過去へさらさら冬の山/安井昌子

月天心過去を流してジヤズ流す/近藤安子

月見草夕べを過去としてしぼむ/甘田正翠

秋草に跼みしこともすぐ過去に/野路斉子

爆じけたる過去ほろ苦き山椒の実/安田孝

水涼し過去一切を惜しみなく/柴田白葉女

過去未来触れぬ会話や夜半の春/谷口桂子

今つぶすいちごや白き過去未来/西東三鬼

秋灯を消して一事を過去とせり/中村堯子

秋嶺に手帳失ひ過去なきごとし/岡田日郎

冬の河さびしき過去の翳もてる/伊東宏晃

初夏や憂き出来事もいつか過去/高木晴子

春潮や過去がほどける夢つれて/宮崎敦子

忘れ雪未来はなやぎ過去うする/西本一都

烏蛇みるまに過去のものとなる/横山白虹

蒲の穂の鈍色人に知られぬ過去/青木千秋

虫籠や財過去のもの愛とても/鈴木真砂女

悲しさも少しづつ過去毛糸編む/林千恵子

タイトルとURLをコピーしました