鍵束を使用した俳句

鍵束に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鍵束を含む俳句例

毛衣の男が鳴らす鍵の束/有働亨

法廷の三寒四温鍵の束/江草一美

鍵束も冬至仕舞ひの兜町/庄司圭吾

鍵束を鳴らし女達に雪解/対馬康子

鍵束を鳴らす園丁燕来る/白地恭子

堂塔を花へ開けんと鍵の束/川崎展宏

悴みし手に残業の鍵の束/長谷川史郊

月の道無用の鍵束持ち歩く/攝津幸彦

鍵束を鳴らす漢は冬怒涛/佐々木義雄

引出しへ落とす鍵束冬の雷/専徒えつこ

祈ることなし鍵束を持ち歩く/三宅三穂

鍵束を鳴らす守衛の四温かな/山田弘子

壜に溜まるほどの星屑鍵の束/正木ゆう子

寒い鍵束おのおの持ちて鳥の群/栗林千津

缶ビール濡れた手で持つ鍵の束/二村典子

鍵束を河口に鳴らし雪待つか/加倉井秋を

雪ばんば追ふ子の鳴らす鍵の束/松村富雄

秋も行くと鍵束鳴らしながら言ふ/加倉井秋を

タイトルとURLをコピーしました