干菓子を使用した俳句

干菓子に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

干菓子を含む俳句例

紅梅の干菓子に男瞬く/川崎展宏

初釜や加賀の干菓子の花兎/佐藤忍

もてなしの干菓子のいろも女正月/神崎忠

土雛は干菓子の色でありにけり/京極杞陽

嵯峨菊や尼様が買ふいろ干菓子/井本洋子

干菓子あり隣近所の梅雨の屋根/川崎展宏

干菓子に型俳句にも型目借り時/高澤良一

木型から干菓子うちだす菊日和/長谷川櫂

秋霖も京の干菓子もこまごまと/高澤良一

藍ゆたか干菓子かがやく越の国/佐川広治

鼻の利く蟻ゐて干菓子探り当つ/高澤良一

ふるさとの花の干菓子や初茶の湯/村山古郷

初蝶来干菓子は型を抜け出せり/梶山千鶴子

読初めは干菓子に添ひし謂れ書/永井東門居

まなこ涼し君は無傷の干菓子に似て/栗林千津

ゆく春よ干菓子かちりと噛みあてて/細見綾子

風炉に座す「春敲門」といふ干菓子/加藤耕子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました