着流しを使用した俳句

着流しに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

着流しを含む俳句例

着流して参る愛染祭かな/阪本雨声

紺着流す風樹相摶つ七月の/桂信子

墨堤の五月川風着流しに/成瀬正とし

夏服の風の軽さを着流せる/吉年虹二

着流しの兜太が唄ふ盆の唄/石川文子

着流しの男見に来し出水川/松村幸代

をみなにも着流しごころ夕永し/岡本眸

芽柳や遺影着流しならぬなし/川崎慶子

街をゆく着流しのセル昼の月/冨田みのる

着流しのまま暮れてゆく木の芽和/橋石和栲

着流しのまま流されて男の雛は/後藤比奈夫

菊の花着流しの師に暮れわたり/佐野青陽人

柚子揺るる中に入りゆく着流しに/中戸川朝人

着流しでふらりと来たり桐一葉/久保田万太郎

着流しや蜻蛉はついと来て止まり/梶山千鶴子

老いらくの洒落の着流しちゃんちゃんこ/橘/肖吉

着流しで牡丹見てゐる能楽師/水津八重子「貴船菊」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました