伊勢道を使用した俳句

伊勢道に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

伊勢道を含む俳句例

伊勢道の拳のやうな蓬餅/大石悦子

ゆくりなく伊勢路に入りて荻の声/松宇

春雪の伊勢路を語り曽良語り/山田弘子

潮騒の二見泊りに伊勢道者/高橋淡路女

軒ごとの太注連飾伊勢路かな/染谷彩雲

伊勢みちを子のよき声に注連貰/内山芳子

山越えは古き伊勢みち藤の花/山口みちこ

左伊勢路とは中仙道やきりぎりす/草田男

春子山そこを伊勢みち日の中へ/岡井省二

神風の伊勢路の花に遊ぶなり/鈴鹿野風呂

誓子忌の伊勢路に遇ひし初燕/山口超心鬼

鈴鹿越伊勢路となりて葛の雨/鈴鹿野風呂

伊勢路より伊賀に岐るる菜種梅雨/古舘曹人

伊勢路馳る馬車かつ~と初日影/金尾梅の門

新樹寄す伊勢路いよいよ神の国/坂本美代子

神御衣祭伊勢路いちめん田の植わり/近藤一鴻

三伏のにはとり走る伊勢路かな/吉田汀史「浄瑠璃」

タイトルとURLをコピーしました