歌舞伎を使用した俳句

歌舞伎に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

歌舞伎を含む俳句例

行年の女歌舞伎や夜の梅/蕪村

幕間の甘酒熱し村歌舞伎/佐野怜子

新藁の桟敷芳し農歌舞伎/野中春艸

日上や花楓降る村歌舞伎/加藤耕子

冬天の動物園や歌舞伎町/平井照敏

口上や花楓降る村歌舞伎/加藤耕子

農歌舞伎草の桟敷の鼓草/仁井一路

水洟や女歌舞伎の老二人/会津八一

歌舞伎絵の血糊凝まる夏灯/飯島晴子

歌舞伎座へ妻に従ふ初芝居/中谷静雄

春の顔真白に歌舞伎役者哉/夏目漱石

冷やかや大鹿歌舞伎の荒筵/森すみ子

歌舞伎座に今瀧の景群青忌/鈴木節子

歌舞伎座の絨毯踏みつ年忘/渡邊水巴

歌舞伎座のロビーの隅の花氷/北河翠

歌舞伎座の紅提灯や初時雨/服部淑子

男らの泣く大鹿の村歌舞伎/島貫和子

煉炭や屋台歌舞伎は十段目/角川照子

山里に残る歌舞伎や梅二月/富田潮児

檜枝岐歌舞伎見にゆく茸飯/川尻喜美子

俳句例:21句目~

歌舞伎座の半纏を着て梅見客/前田普羅

歌舞伎座の前通りけり初芝居/正岡子規

一升瓶ごと熱燗に村歌舞伎/相蘇としお

歌舞伎座へ橋々かゝり蚊喰鳥/山口青邨

羽子板や先師好みの歌舞伎の絵/森喜代

初つばめ夜明け淋しき歌舞伎町/淵脇護

踊花金比羅小屋に歌舞伎来る/渡辺恭子

長き夜を長き語りに島歌舞伎/宮津昭彦

風光る子供歌舞伎の声の張り/砂田千代

歌舞伎刎ね小さき灯りの暦売/柏原昭治

村歌舞伎の静御前が畑を打つ/石川文子

柿色の歌舞伎色なる落葉かな/小杉余子

歌舞伎座を出れば夜寒の木挽町/吉屋信子

川渡御に歌舞伎/文楽/落語舟/田中英子

代書屋に下座の聞ゆる初歌舞伎/佐野美智

冷やかに松の景色の歌舞伎かな/岸本尚毅

初春や歌舞伎座前の人通り/中村吉右衛門

地歌舞伎の子役の声の透き通る/大石伝次

歌舞伎正月アンテナにゐるとんび/榎本享

村歌舞伎演ず御社えごま干す/八牧美喜子

俳句例:41句目~

春雪の新歌舞伎座を降りつゝむ/大橋敦子

歌舞伎座の裏の細道たうがらし/川崎展宏

歌舞伎座は雨に灯流し春ゆく夜/杉田久女

産土神を良き座に秋の島歌舞伎/宮津昭彦

子供歌舞伎佐渡南端の柿熟るる/中村智子

花道を早稲の香かよふ村歌舞伎/神田/岩

萱刈つて村人歌舞伎演じをり/加藤三七子

大歌舞伎はねて浪華の月おぼろ/山下佳子

楠若葉子供歌舞伎の見栄決まる/坂本/巴

春なれや歌舞伎これより死出の旅/岸本尚毅

初東風に歌舞伎座は色尽くしけり/蟇目良雨

春日溜む田峰歌舞伎の萱の屋根/小笠原里子

歌舞伎座に山と積まれし蜜柑かな/岸本尚毅

花散るや子ども歌舞伎の揚巻に/伊藤いと子

行く春や湖北ひと夜の山車歌舞伎/清水節子

地歌舞伎の月明翔けて五位のこゑ/松林朝蒼

山車歌舞伎肩震はせてよよと泣く/揚原れい子

むささびの飛び交ふ歌舞伎舞台裏/伊豆野和子

歌舞伎座の廊下にながき御慶かな/喜多みき子

さうめんや妻は歌舞伎へ行きて留守/草間時彦

俳句例:61句目~

播磨屋の句かゝげ歌舞伎初芝居/翁長日ねもす

歌舞伎座の前にもつとも御輿揉む/八木林之介

鯖鮓に歌舞伎うちはを貰ひけり/長谷川かな女

歌舞伎座のうしろに住みぬ冬の空/久保田万太郎

エスカレーター伏せ灯に春の歌舞伎客/高井北杜

歌舞伎座のとんぼ返りの寒げい古/中村吉右衛門

歌舞伎はねて歩道ひとしきりの込むやと過ぎし/喜谷六花

タイトルとURLをコピーしました