小鼓を使用した俳句

小鼓に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

小鼓を含む俳句例

大鼓小鼓落花狂へとよ/正岡子規

太鼓小鼓の音式部の実/前田政子

小鼓の一摶つよし霧襖/斎藤梅子

古都の闇打つ小鼓や薪能/山下佳子

小鼓の一打の間合ひ春隣/六本和子

猪鍋に酒は丹波の小鼓ぞ/宮下翠舟

声張りて小鼓を打つ業平忌/鈴木朗月

小鼓の棚より落つる野分哉/正岡子規

小鼓の紅緒の褪せて義仲忌/河村静香

小鼓を打ち終はりても息白し/井上雪

立冬の息のしめりを小鼓に/安倍正三

ときじくの小鼓を聴く春の鹿/赤尾兜子

大かはや小鼓や春遠からじ/三田きえ子

小鼓を打つてはなやか秋の夜/長谷川櫂

小鼓のポポとうながす梅早し/松本たかし

小鼓の稽古すませし端居かな/松本たかし

小鼓の緒を緊めなほす夏痩せて/坂巻純子

小鼓の朱の緒を締むる二日かな/市川つね子

山彦の打つ小鼓や山葵咲く/田方建子「土鈴」

タイトルとURLをコピーしました