鎮守を使用した俳句

鎮守に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鎮守を含む俳句例

鎌祀る村の鎮守や春祭/矢島渚男

あたたかや上総鎮守の力石/小島健

古川の秋の蜂守る総鎮守/高澤良一

岳五つ据ゑて鎮守の秋祭/藤澤果抱

この邑の鎮守女神に桃の花/大熊輝一

坂東の里の鎮守の競べ馬/池尾テル子

大村の鎮守淋しき落葉かな/正岡子規

彼岸花鎮守の森の昏きより/中川宋淵

改築の村の鎮守に匂ひ鳥/平田マサ子

村中へ鎮守の落花及びけり/土屋秀穂

苗代や鎮守の森の影を濃く/中林利作

身延九里四山鎮守す山桜/百合山羽公

寒月や火種のごとき鎮守の灯/稲田眸子

牛蒡肥えて鎮守の祭近よりぬ/正岡子規

鎮守さまだけご存じの鴉の巣/鷹羽狩行

鵯ぐもり鎮守の森に椎をひろふ/中勘助

島中洲のいちじく鎮守は船の神/見市六冬

冬の陽を放さず鎮守の杜大き/長谷川かな女

掃き寄せしまゝの榧の実鎮守さま/星野恒彦

タイトルとURLをコピーしました