一色を使用した俳句

一色に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一色を含む俳句例

畑中は柿一色の落葉かな/士朗

墨一色彩百色の夏の山/滝青佳

瞼の裏朱一色に春疾風/杉本寛

山茶花は白一色ぞ銀閣寺/碧童

七草やけふ一色に仏の座/支考

何色の暗き一色秋時雨/斎藤玄

色々の菊一色に枯れにけり/柳水

新生児白一色の夏衣/山田登美子

寒泳に藍一色の嶺かな/松村蒼石

歯車の大きく動き冬一色/有働亨

一色に目白囀る木の芽かな/浪化

冬紅葉墨一色の群猿図/田中水桜

青山中白一色の襁褓干す/長田等

水急ぐ白一色の菖蒲田ヘ/三橋鷹女

成田駅より御開帳一色に/高木晴子

一色に黄葉の島夕日せり/大熊輝一

修正会や御華の松の一色/比叡禽化

入社式紺一色に犇めけり/相馬沙緻

冬がれや世は一色に風のおと/芭蕉

晩年の白一色の日向ぼこ/鷹羽狩行

俳句例:21句目~

大滝の白一色の淑気かな/平松三平

旧正月墨一色の魔除ヶ札/藤枝大成

紫の一色を持し茄子の花/宇咲冬男

紫陽花の末一色となりにけり/一茶

茸山に対し一色城址かな/京極杞陽

里山や紅一色の山つつじ/大西福子

障子たて白一色に雪見舟/近藤一鴻

雪晴の襁褓高干す白一色/岸風三樓

雲間もえ笹一色に秋の嶽/飯田蛇笏

海といふ秋一色の紺を航く/上村占

高原の柞黄葉の一色に/甲斐謙次郎

建国祭G一色の富士仰ぐ/遠藤壽々子

川幅が枯れ一色の顔である/椎橋清翠

山負うて萌え一色の磯部落/河野南畦

莨火をかばふ埋立冬一色/秋元不死男

朝顔の藍一色のヘアサロン/垂見菊江

朝顔の此の一色に偲ばるる/今泉貞鳳

癌病棟冬一色に暮れ終へぬ/菖蒲あや

目刺の香灯一色に素木小屋/香西照雄

一色に大樹の銀杏落葉かな/小澤碧童

俳句例:41句目~

冷害地青田一色他にはなし/黒岩有径

龍胆の一色抱きて忌日なり/都筑智子

少女期の紺一色の水着干す/三雲檜里子

経蔵は白の一色地虫鳴く/佐々木いつき

岩のいろ一色となし春日没る/福永耕二

新生児室に白一色の新春来る/斉藤夏風

映るもの枯れ一色や鴛鴦の水/高澤良一

都風流なり一色にさだめけり/阿部完市

岩のいろ一色となり春日没る/福永耕二

母訪ふや師走の空の紺一色/星野麦丘人

浜菊の白一色のいさぎよし/八牧美喜子

くちなしの花一色に埋れたし/竹田小時

一色にげんげ咲きけり百千鳥/増田龍雨

一色一生無情みがきし木守柿/阿部王峰

麦よ死は黄一色と思いこむ/宇多喜代子

垣間見て枯れの一色寒天干し場/和地清

燈心蜻蛉は瑠璃一色の針とんぼ/高澤良一

芦と沼ただ一色に枯れにけリ/深見けん二

独楽回りゐて土一色とはいへず/鷹羽狩行

かまつかや報道一ト日テロ一色/高澤良一

俳句例:61句目~

なにもかも雪一色に無音かな/小沢きみ子

一色にふうせんかづらもの静か/高澤良一

浮世絵の一色とんで花菖蒲/小松原みや子

紫陽花のあと一色は雨を待ち/泉本登貴子

無花果の一色は先づのがれけり/野澤凡兆

絵硝子の一色の寒すみれ買ふ/神尾久美子

青空のただ一ト色に秋立ちぬ/小島政二郎

見はるかす一色の浜さくらえび/小口たかし

見張り鵜やこの無防備の雪一色/平井さち子

そら豆やただ一色に麦のはら/白雄「題葉集」

舞ひ澄みて独楽一色になりにけり/上島としえ

夜の秋バーナード/ショーの墨一色/阿部みどり女

タイトルとURLをコピーしました