病み上がりを使用した俳句

病み上がりに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

病み上がりを含む俳句例

朝寒や白粥うまき病上り/草城

セルといふ頃を袷に病上り/上村占

初雷や物に驚く病み上り/正岡子規

病上り羽子板市に労らる/石川桂郎

肌寒き弓の稽古や病上り/会津八一

蝿打て留守居ながらや病上り/蕪村

ともすれば菊の香寒し病み上り/乙二

寒旱ふわ~とゆく病み上り/平原玉子

臍寒き紙衣触りや病あがり/会津八一

心せよ鱸のなます病あがり/立花北枝

庭に出て物種蒔くや病み上り/正岡子規

病上り白足袋ゆるく人と逢ふ/野澤節子

栃餅のとち噛み当てて病上り/前田陶代子

秋風や肥えてもの喰ふ病み上り/石原舟月

うそ寒や夜更寝余る病み上り/安斎桜カイ子

うらゝかや見つめる空も病み上り/正岡子規

病み上りと分る賀状はそつと置く/尾関乱舌

病み上がり足許いとどに跳ばれけり/高澤良一

薔薇剪って庭下駄重き病上り/羅蘇山人、村山古郷編

タイトルとURLをコピーしました