生き甲斐を使用した俳句

生き甲斐に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

生き甲斐を含む俳句例

山畑は父の生甲斐瓜の花/古川幸市

積丹の鮪釣ること生甲斐に/水見句丈

縫ふ事が姉の生甲斐針祭る/星/陽子

忙しきことも生き甲斐種下し/前田達江

生甲斐に今日の法事や燕飛ぶ/増田龍雨

紙なれば本の厚さを生甲斐に/藤田湘子

絶望も生き甲斐ならむ紅蜀葵/平井照敏

遠桜生き甲斐といふ淡きもの/甘糟怜子

山葵利きふつと生甲斐山の月/殿村莵絲子

詩はわが生き甲斐といひ息白く/岩崎照子

昨日より生甲斐なくし星飛ばす/田川飛旅子

生甲斐の如く受け止む梅雨の漏/殿村莵絲子

あるときの生き甲斐柿の冷たさは/北原志満子

ひよつとして今が生き甲斐蝉しぐれ/比嘉幸女

朝朝南瓜の花咲くを妻の生甲斐か/栗林一石路

長き夜やさて生き甲斐のありどころ/安藤白雨

老いてなほ沼生き甲斐にえりを挿す/石井とし夫

生き甲斐があるのか古来人間手を振つてゆく/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました