堂塔を使用した俳句

堂塔に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

堂塔を含む俳句例

啓蟄の堂塔僧伽皆動く/後藤夜半

堂塔の正しき影や草紅葉/関圭草

堂塔の檐如月の空にはね/県越二郎

堂塔の空あり袋角二寸/河合佳代子

百千鳥堂塔いまだ整はず/高野素十

菜殻火に堂塔夜の影正し/本郷昭雄

きらきらと堂塔伽藍雪解谷/廣瀬町子

堂塔の影より影へ道をしえ/小路紫峡

堂塔の影を正して冬に入る/中川宋淵

堂塔を花へ開けんと鍵の束/川崎展宏

密教の眼光ならぶ堂塔行く/伊丹公子

萩咲けり堂塔滅びゆくひかり/有働亨

堂塔に集まる鳩や花袋の忌/小林仁太郎

堂塔の闇あたらしき除夜の鐘/狹川青史

堂塔を日は塗りつぶす畑打/大峯あきら

堂塔を沈めて谷の余寒かな/大峯あきら

堂塔にせまる大闇修二会果つ/深井いづみ

かへりみる堂塔つるべ落しかな/黒田喜代子

遍路まだまだ歩く堂塔霞むから/伊丹三樹彦

わらべらに堂塔高き甘茶かな/五十崎古郷句集

タイトルとURLをコピーしました