蛇行を使用した俳句

蛇行に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

蛇行を含む俳句例

山川の大き蛇行を青簾/辻桃子

赤潮の帯難民船蛇行/岡崎道徳

蛇行する坂東太郎鯉幟/福島壺春

雪解川蛇行省略して走る/羽吹利夫

蛇行せる力残して川涸るる/真田清見

蛇行せる力残して川涸るる/真田清見

天が下蛇行の河の凍てしまま/山本歩禅

航跡の蛇行の果ての西日かな/奥村勘甫

花散るや尾灯は闇へ蛇行せり/五島高資

蛇行して揺るる電車や十二月/山下典子

蛇行する女のままで春電車/ひらの浪子

雉打に木曾街道の蛇行かな/大峯あきら

黄河蛇行して秋天の打ち霧ひ/中村汀女

富士川の蛇行に枯のしたがへり/百瀬美津

梅雨濛々と蛇行の列島を包む/八木三日女

涸川か月日かしらず蛇行せり/津沢マサ子

蛇去つて僕のどこかで蛇行せり/市場基巳

蛇行するところ必ず曼珠沙華/山野上雨彦

ゴビ炎暑水なき蛇行あるばかり/水田むつみ

サナトリウムに蛇行育ちの茅花の穂/平井さち子

タイトルとURLをコピーしました