遺跡を使用した俳句

遺跡に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

遺跡を含む俳句例

高床の遺跡の縁に冬の蝶/原清

夏鴉遺跡の丘に何漁る/高澤良一

縄文の遺跡の空を雁渡る/山下佳子

遺跡掘る春田一枚境とし/長谷英夫

遺跡掘る音の中より秋の蛇/清水明子

野火を前に棒数本の遺跡かな/原田喬

水没の遺跡は鳥の帰路往路/対馬康子

篁の中に花ある遺蹟かな/五十嵐播水

猫柳遺跡の土手に目覚めをり/浦田宏

町中にローマの遺跡蔦青む/関森勝夫

一列に遺跡掘る人息白し/今井真寿美

三内丸山遺跡石棺冬北斗/浅沼真規子

発掘の遺跡の芒刈りはじむ/山田弘子

冬滝のこゑ一山の遺蹟群/山崎千枝子

縄文遺跡春大根に囲まれぬ/中村明子

蜥蜴這ふ遺跡の物見櫓かな/山本麓潮

幻想遺跡枯草色の家族住む/伊丹公子

水田は古代の遺跡田螺這ふ/高橋悦男

遺跡とは無言の歴史油照/田中まさし

二分過ぐ古代遺蹟の石に佇ち/高澤晶子

俳句例:21句目~

遺跡より宿なし猫が春に出て/対馬康子

ぎしぎしや先土器遺跡一平ら/川村紫陽

遺跡とて穴のいくつか初燕/上田日差子

道連れは君か天さえ遺跡なり/和田悟朗

逃水の先に遺跡の広がりぬ/島崎せつこ

橿鳥の首かしげゐる遺跡掘り/堀口星眠

千屈菜はいつから黒燿石遺跡/矢島渚男

燕の巣遺跡の土も混ざりをり/石飛明子

春の雪遺跡ふたたび眠らせて/鈴木文子

古草や遺跡といふも石ひとつ/飯島正人

桃盛り遺跡は遠くかくれけり/松村蒼石

王宮の遺跡をあるく日傘かな/中矢伸子

芒より芒へたどる遺跡みち/今井千鶴子

地の果のやうに蓮枯れ遺跡谷/佐藤早苗

城下町茶房も遺跡花ミモザ/嶋田摩耶子

大旱の水なき河も釈迦遺跡/永岡うろお

天平の湖底遺跡の冴え返る/日置ひな子

簾ひく遺跡に貧富ありしこと/対馬康子

木犀の銀疲れたり遺跡遺居/平井さち子

竹秋の雨また近き遺跡かな/大峯あきら

俳句例:41句目~

雨季の遺跡に太平洋が浮かぶ/藍原弘和

奈良どこも遺跡薺の咲く田まで/辻口静夫

手焙りの火鉢のまはり遺跡なり/杉野一博

揚羽蝶使者のごとくに遺跡ゆく/鈴木照子

寒月光みなとみらいといふ遺跡/結木桃子

薯蕷を掘るや遺跡を掘るごとく/椎名康之

稲架の中離れ離れに遺跡あリ/深見けん二

遺跡守冬のにおいで目覚めたり/対馬康子

唐黍の花の咲きゐる遺跡かな/茂上かの女

古代遺跡の虹のむかうを人歩く/今瀬剛一

遺跡掘る麦藁帽のふれ合うて/寺尾美代子

古代遺跡火を焚きしあと常山虫/守屋直樹

パラソルの下で遺跡を掘つており/内藤住子

バックルに手を当てる癖遺跡にて/伊藤淳子

遺跡てふ風立つ大地もの芽出づ/山崎千枝子

ぬけがらの春の昼月遺跡掘る/鍵和田ゆう子

縄文遺跡野を飛びとびの曼珠沙華/佐藤四郎

遺跡にて燃え尽したり曼珠沙華/山口超心鬼

船旅の誤字なり遺跡の花すみれ/八木三日女

蓮枯れて示しのつかぬ遺跡掘り/相原左義長

俳句例:61句目~

屋根根のなき遺跡より出で春広場/対馬康子

懸り凧遺跡の刻はゆるやかに/鍵和田ゆう子

かぎろへる弥生の遺跡掘られをり/太田研二

吉野ケ里遺跡のはたはた目の清し/堀田美智子

遺跡の石蜥蜴の手話を彫りとどむ/八木三日女

遺跡の蜥蜴海の青さを測っている/八木三日女

かたばみが咲いてボンペイ遺跡かな/加藤世津

車前草踏み遺跡ガイドのボランティア/高澤良一

土くさき遺跡の炉辺の白蛾かな/堤高嶺「五嵐十雨」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました