轍を使用した俳句

轍に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

轍を含む俳句例

搬送の轍を深く牧閉す/佐藤愛

麦畑に砲車引込む轍哉/正岡子規

焼砂に深き轍や雲の峯/正岡子規

深轍北へ遡れば終の母/齋藤愼爾

地車の轍の跡や五月雨/正岡子規

一条の轍がつづく寒砂丘/島村正

霰粒石採り場への深轍/右城暮石

茂吉忌や雪の轍を水流れ/中拓夫

墾道の深き轍や秋の蝶/相馬遷子

大枯野雲には雲の深轍/河口俊江

花を待つ苑中にして深轍/北野民夫

菜種散る泥の小道の轍哉/正岡子規

誰が辿る轍の趾や春の雪/稲岡/長

轍くろく雪を抉れり國境/相馬遷子

乙鳥や轍の小つかみゆく/高井几董

乳母車轍わづかに若草野/祇園快太

今朝の秋野への轍の深きこと/月笠

轍中のわれはなり西東忌/佐藤鬼房

朝凪や轍乱るる千里浜/墓田まさこ

市制施き新樹の雨の幾轍/友岡子郷

俳句例:21句目~

凍解けて轍深さよ塀の際/松藤夏山

道芝にあふひ祭の轍かな/五車反古

坂道の轍帯なす花の屑/橋本ふみ子

桑を解く三国旧道瞽女轍/松川洋酔

雪来るか山中に入る深轍/中村明子

轍また深みにはいり夏大根/桂信子

花屑の轍の行方太宰故地/成田千空

濃く淡く轍のながき雪の岸/中田剛

白鳥や空には空の深轍/高野ムツオ

礼拝堂に従ふ深轍も夜涼/宮津昭彦

祭牛轍の音に乗りそめし/江川虹村

日よ月よ千代の轍の初車/上島鬼貫

税重し寒の雨降る轍あと/古沢太穂

あたたかや土に轍の通学路/高橋秀夫

いとけなき霊はや橇の白轍/成田千空

深々と紫雲英の中に轍ある/長谷川櫂

轍乾く最後の水馬を発たせ/宮坂静生

雉子啼き轍くひこむ裾野径/前田普羅

水涸れて轍のあとや冬の川/夏目漱石

厳冬や深き轍に藁を敷き/大岳水一路

俳句例:41句目~

笹鳴きや深き轍の木出し道/石川文子

花屑の犇めき合へる轍あり/高澤良一

寒月に大いに怒る轍あり/秋元不死男

寺深く轍ゆるして芽水仙/平井さち子

氷上のまつしぐらなる轍かな/辻桃子

牧五月草に轍のかすかなる/宮坂静生

打水のあと相咬める轍かな/田中蛇湖

故郷は轍にかかる蝶の翅/小檜山繁子

獄近し冬土痩せしへ深き轍/香西照雄

車前草の花かかげたり深轍/高木良多

轍あと春の渚をひとまはり/細川加賀

轍あと深くかげりぬ誘蛾燈/山口誓子

月見草轍の水のしんと冷え/川崎展宏

轍あと絶えざる門や鳥総松/高濱虚子

杜甫の轍芭蕉草鞋や春終る/中村義郎

梨咲くと轍を重ね砂丘馬車/神尾季羊

水底に轍渡れり山ざくら/中戸川朝人

からぐるま死角の轍かきつばた/仁平勝

冬浜や浪に途切れし轍あと/松本たかし

夕凍みの人去らしめる轍かな/鈴木慶子

俳句例:61句目~

凍天へひとすぢ黒き轍あと/富澤赤黄男

春暁の轍は納屋の奥よりぞ/佐々木六戈

春草に轍のあとの外れてあり/高野素十

深く入り浅く抜けたる雪轍/能村登四郎

深轍われの忌も過ぎ一月も/河原枇杷男

炭竃の路といふなり轍あり/阿波野青畝

秋曇や山路に深き轍あと/阿部みどり女

藁打つ音くぐもり轍深みゆく/成田千空

蛭の池埋め立てられし轍かな/日隈翠香

磯轍噛みし藻よりの昼の虫/中戸川朝人

盆みちに轍の深きところかな/中原道夫

油槽車の二重轍や菜種梅雨/殿村莵絲子

無駄足となりし深さの雪轍/平井さち子

醜草に轍食い入る私記のはじめ/徳弘純

網走へつながる雪の轍かな/後藤比奈夫

冬の轍の中の一つがひき返す/田川飛旅子

埋めころす刈田や轍荒く来て/平井さち子

春泥のふかき轍となり暮るる/金子麒麟草

春灯をりをり野路ともつかぬ轍道/草田男

田じまひの深轍霜あしたにも/中戸川朝人

俳句例:81句目~

砂丘ただ炎ゆ異国の轍のふかく荒く/太穂

朝の郭公砂の轍のまだ崩えず/中村草田男

廻り冴ゆる独楽や絶えざる澪/轍/成田千空

轍より血が噴く死なぬもののため/佐藤鬼房

鬱の日のさき行く轍消すはわたし/米元元作

スノータイヤの轍の文様僧が駆る/平井さち子

轍深く輓き出しけり稲車/宮部寸七翁、吉岡禪寺洞選

水涸れて砂に食ひ入る轍かな/著森遺稿集/貴志著森

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました