郵便局を使用した俳句

郵便局に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

郵便局を含む俳句例

角館郵便局の糸桜/高澤良一

壷菫一鉢畝傍郵便局/坪内稔典

開帳寺門前臨時郵便局/高澤良一

遠刈田郵便局に入る燕/高澤良一

銀行も郵便局も雪卸す/佐藤五秀

冷房の郵便局の窓に蝶/新野祐子

初燕郵便局を通り抜け/南方久賛

昼灯す郵便局や雁木中/黒沼草生

蝸牛雨の郵便局が混み/宮津昭彦

お花畑郵便局の横手より/本田一杉

大南瓜郵便局に飾られて/楢原清子

子供郵便局表彰式後柏餅/西本一都

新緑の郵便局を左折せよ/島田牙城

明治村郵便局より巣立鳥/澤田正子

朝顔鉢郵便局の屋後かな/松藤夏山

植木市寺に郵便局も出て/川澄祐勝

短日の郵便局へ銀行へ/嶋田摩耶子

石山寺郵便局の大根注連/高澤良一

花種を郵便局で貰ひけり/角川春樹

梨の花郵便局で日が暮れる/有馬朗人

俳句例:21句目~

郵便局葉書きらしし冬木かな/龍岡晋

雛の日の郵便局の桃の花/深見けん二

鳰を見て浦の郵便局のひと/木村蕪城

水澄むや木の葉を溜める郵便局/穴井太

梨の花だあれもいない郵便局/山中葛子

日に幾度郵便局へ枇杷の花/藤田あけ烏

虹待たせ郵便局に駆けこめり/間瀬奈津子

郵便局で五月切り裂く死者の喉/西川徹郎

ぶつぶついう馬いて青葉郵便局/加川憲一

郵便局にたち寄り夏の日はじまる/宮武寒々

おとうとを野原の郵便局へ届ける/西川徹郎

郵便局の娼婦の裸体を包みに行こう/武馬久仁裕

タイトルとURLをコピーしました