かんかんを使用した俳句

かんかんに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

かんかんを含む俳句例

寒日の剥錆工の揺られ業/友岡子郷

かんかんと炭熾りをり簗の晴/辻桃子

かんかんと秋日音顕つ蝶双つ/武政郁

島畑のかんかん照りや厄日前/岸田稚

流木の夏かんかんと別れけり/大串章

渓流を越ゆかんかんと冬木伐/中拓夫

鉄工場かんかん桜遠ざかり/廣瀬直人

かんかんと磴転げ落つ遍路杖/鈴木鷹夫

大寒の鉦かんかんと野は平ら/成田千空

幾百の沼かんかんと凍りけり/宮坂静生

かん~と竹たふしをる薄暑かな/飴山實

かんかんと炭割る顔の緊りをり/石田波郷

かんかんに一つ置きたる大栄螺/綾部仁喜

かんかん照り雀翔つさへ億劫な/高澤良一

やや眠き顔にかんかん壬生の鉦/細川加賀

巡礼の秩父はかんかん照りの道/高澤良一

涙なし蝶かんかんと触れ合いて/金子兜太

深川のかんかん照りの祭かな/大木あまり

滝径のかんかん照りも百歩ほど/嶋田麻紀

祖父の代からかんかん照りの帚草/原田喬

俳句例:21句目~

あきらめた夜を団栗かんかん鳴る/櫂未知子

かんかんと日のあたりをり祭幕/成瀬正とし

かんかんと白樺聳ちて荒ごころ/臼倉真沙尾

かんかんと鐘なるときの花の澪/富澤赤黄男

かんかんと鳴り合ふ竹や神無月/山田みづえ

ざくろ咲き通院かんかん照りの道/高澤良一

寒椿日はかんかんと鳴つてをり/小檜山繁子

白い医師に遭えばかんかん草の空/加川憲一

鶴ころろ鷲かんかんと啼いたりき/山口誓子

かんかん照り蟻も眩暈をおぼえけむ/高澤良一

阿蘇に向く笑ひかんかん凍りけり/殿村莵絲子

タイトルとURLをコピーしました