大名を使用した俳句

大名に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

大名を含む俳句例

大名に馴れたる鮎や大井川/毛

霞より引つゞく也諸大名/一茶

大名に酒の友あり年忘れ/炭太祇

大名の石燈籠に萩高し/京極杞陽

大名をとめて蘇鉄の月夜哉/田福

舞初の女大名太郎冠者/後藤夜半

花すゝき大名衆を祭りかな/嵐雪

賣物の大名屋敷秋の風/正岡子規

霜の墓並ぶ大名大大名/下村梅子

大名の如き白菊家にあり/阿部完市

大名の御手料理なり沖膾/正岡子規

行春の大名竹や花咲いて/萩原麦草

八月大名田の上を雨走り/名和未知

大名のお庭は廣し稻十里/正岡子規

大名のしのび出立も小春かな/桃隣

大名の柩ぬれたる時雨哉/正岡子規

大名の家より吹きぬ初嵐/正岡子規

天高し鶏も大名歩きして/栗原加実

燦然と大名竹に冬日かな/松藤夏山

篝火や萩大名のあぶら顔/巌谷小波

俳句例:21句目~

野馬やあとのさびしき小大名/李由

大名の字を桃のはたけかな/水田正秀

うそ寒や綿入着たる小大名/正岡子規

大名の庭に痩せたり女郎花/正岡子規

大名の小聲にうたふ小春哉/正岡子規

大名の駕篭も古びし黴の宿/中本郷顔

大名は牡丹のお間の寒さ哉/正岡子規

大名の顔にかゝるや虎が雨/松瀬青々

大名を藁屋にとめる夜寒哉/正岡子規

大名の通つてあとの寒さ哉/正岡子規

枯てだに火にくばりけり大名萩/露夕

八月大名馬の脚ちふ演し物で/辻桃子

大名の芹つむ女見そめけり/正岡子規

大名になじみの多き熱さ哉/正岡子規

大名の窓に首出す暑さかな/正岡子規

大名のかたゐに劣る月見哉/正岡子規

大名のしのびありきや朧月/正岡子規

大名のひとり月見る夜中哉/正岡子規

大名のひと夜島原くれの春/高井几董

雪吊も大名ぶりや加賀の国/大高霧海

俳句例:41句目~

八月大名一つ囲ひに牛と馬/斎藤宣子

海棠に大名とまる日は高し/正岡子規

大名の独活刈たしとの給ひぬ/正岡子規

茲十日萩大名と謂ひつべし/阿波野青畝

大名の生るゝ時かほとゝぎす/正岡子規

襤褸袷赤大名の曼珠沙華/久保田万太郎

大名の寐間にもねたる寒さ哉/森川許六

づぶ濡れの大名を見る巨燵哉/小林一茶

大名にならばちらさじ雨の花/正岡子規

大名のつくつく見たる海鼠哉/正岡子規

大名をゆすりにかゝる寒さ哉/正岡子規

露の世の露の大名小路かな/山崎ひさを

鶉なく大名地野はいづこにや/中村史邦

漁具ひろげ八月大名大あぐら/岩坂満寿枝

八月大名蚕飼終へたる肩痩せて/奥田恵美

大名ばった千姫の墓つかみをり/稲荷島人

スクエアーダンス八月大名なり/須佐薫子

大名を馬からおろす桜哉/一茶/文政七年甲甲

縞もしま大名じまの芒哉/一茶/文化十三年丙子

勝菊は大名小路もどりけり/一茶/文政元年戊寅

俳句例:61句目~

はつゆきや大名通る四ツさがり/越前/梨一/五車反古

タイトルとURLをコピーしました