研ぎ師を使用した俳句

研ぎ師に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

研ぎ師を含む俳句例

巡回の研師くる頃柿若葉/路清紫

研師より庖丁届く花の昼/今泉貞鳳

不知火を想ふ研師の暇かな/藤田湘子

奥相模より研師くる年の暮/三澤たき

春の雪研師は海を想ひけり/藤田湘子

浜町に研師来てをり年の暮/仲山秋岳

銀漢や研師佐助は父の祖父/清水青風

冬ざれに睫のながき研師かな/横川信義

緑蔭の風さそひだす研師かな/十川陽子

腰据ゑて研師が仰ぐ栗の花/上野さち子

花八つ手水を貰ひに研師来る/森藤千鶴

花曇り研師の指が刃をさぐる/石川文子

菜切包丁研ぎ師に預け一葉忌/小泉愛子

行く年の水を真横に研師かな/若井新一

鍛冶町や秋力煙らせ研師住む/藪崎治子

門口に研師来てゐる秋気かな/太田昌子

研師来るさくら紅葉の信濃より/飯田龍太

硝子戸から刃物研師が出でて秋/吉田/海

軒先にいつもの研師来て残暑/浅見まき子

雪嶺蒼し研師おのれを研ぎすます/長田豊秋

俳句例:21句目~

きさらぎや研ぎ師来ている峡の家/横地かをる

タイトルとURLをコピーしました