マネキンを使用した俳句

マネキンに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

マネキンを含む俳句例

浴槽にマネキンの足神無月/皆吉司

マネキンの初荷一体づつ嵩む/裸馬

マネキンに力瘤なし更衣/西村草生

黄落の街マネキンを横抱きに/今井聖

いさぎよく脱ぎマネキンの更衣/井上郁

マネキンの七、八入も草野球/西川徹郎

マネキンの手首に切目紫木蘭/相子智恵

マネキンの鼻天を突き巴里祭/橋爪千尋

マネキンの片手が床に春の昼/高木知子

マネキンを率ゐる妻の初仕事/山崎雅葉

マネキンを目白へ運び冬霞/山本鬼之助

春愁のマネキンほうと口開く/安澤節子

歳晩のマネキン一歩前に出す/松島艶子

マネキンの臍たしかむる矢車草/久安五劫

マネキンを担ぐ中年きさらぎ逝く/穴井太

マネキンの小鼻に触るる春の月/松本恭子

マネキンを担架で運ぶ震災忌/栗田やすし

マネキン反り指ぬれる北上台風/和田悟朗

庭先を五年走っているマネキン/西川徹郎

春の雷夜のマネキンを立ち並べ/河野南畦

俳句例:21句目~

マネキンの背丈の伸びる浴衣かな/小川侑子

マネキンにはたきをかけるかまひ時/辻桃子

マネキンに嫌がる水着着せにけり/松下雅静

マネキンのあくびに気づく冬の蝿/五島高資

マネキンの手足抜かれて夏の果/藤森ひろみ

マネキンの水着ぬがすに手足もぐ/大森楠男

マネキンの着る松風のようなもの/永末恵子

冬帽子かぶるマネキン顔持たず/松本あきら

早春のマネキン背伸びして立てり/菅沢芳枝

いくさ初む寒夜顔なきマネキン佇ち/玉城一香

マネキンの言葉知らねば涼しけれ/大木あまり

家族晩秋毛の生えたマネキンも混じり/西川徹郎

マネキンの案山子にされて襤褸まとふ/村井信子

マネキンの終のつとめの案山子かな/大久保文夫

貝寄風やマネキンは裸で連れ去られ/添田みわこ

ちゝろ鳴きマネキン人形それの子伴れ/中村草田男

「厚みなき幸福」水着売場のマネキンに/磯貝碧蹄館

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました