野猿を使用した俳句

野猿に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

野猿を含む俳句例

野猿群跳べり裸木裸蔓/西本一都

野猿よぶ指笛ならす秋の暮/山形理

一野猿逃げて残れる遠青嶺/吉田紫乃

夏霧に銀だちて野猿の毛/甲斐すず江

大寒や野猿浴泉手より入る/西本一都

炎天や鍋釜持たぬ野猿の顔/橋本夢道

野猿浴み蜻蛉叩く露天温泉/西本一都

ひろがりて野猿下りし紅葉谿/斉藤夏風

強霜や野猿にもある仕置小屋/関森勝夫

虎杖の芽の群がりに野猿出づ/松村蒼石

見まはりの牧守沈みゆく花野/猿渡青雨

通草採野猿に頭上越されけり/門みのる

通草蔓引けば野猿が顔を出す/藤野/力

野猿すら取らず鈴成り沢胡桃/高橋利雄

野猿とぶ月夜の谿の神楽笛/福田甲子雄

野猿見し旅しらじらと衣更へ/松村蒼石

雪掻きし山家の庭に野猿坐す/中島美也

海桐の実熟れて野猿の人見知り/椎橋清翠

滝しぶきにも狎れ野猿巌つたふ/高木石子

出っくわす野猿は振り向かざるままに/高澤良一

俳句例:21句目~

木の芽寿司野猿になみされゐたらずや/小林康治

タイトルとURLをコピーしました