火勢を使用した俳句

火勢に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火勢を含む俳句例

雪上に一火の勢木曾の闇/上村占

凌霄花のまひるの火勢遠江/熊谷愛子

山焼の火勢鎮めの雨にほふ/山本照子

水にひととき火勢増し出初式/檜紀代

水やりて鎮めし火勢薪能/尾亀清四郎

湖に冬朽ち舟を焚く一火勢/野澤節子

落葉焚く火勢の端に押へ水/古山数枝

大文字の火勢の大の真中より/野澤節子

火の筆勢そのままに雪大文字/鷹羽狩行

迎火の火のいくたびも勢ひけり/原田喬

太箸の真白にうごく火勢なり/鳥居おさむ

山焼きの火勢は闇を深くせり/小室ていこ

樟の木を隔てゝ火事の火勢見ゆ/右城暮石

火勢ため芦の穂絮に翔び立てる/竹田于世

青竹の火勢渦なすどんどかな/鈴木しげを

勢ふ火を風があやつるどんど焼/蒲生繁代

定家忌のゆふべ反故焚く一火勢/河原枇杷男

火勢騰る盗みきしもの焚き加へ/上田五千石

どんど火に雪吸はれゆく勢ひかな/山部栄子

昼火事の火勢に棕櫚の咲きにけり/大木あまり

俳句例:21句目~

もてあます勢ひとなりし鬼会の火/柴田佐知子

タイトルとURLをコピーしました