聖堂を使用した俳句

聖堂に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

聖堂を含む俳句例

リラ冷や聖堂までの甃/関森勝夫

聖堂に組鐘吊せ麦の秋/後藤綾子

十字架の聖堂の島酔芙蓉/岡秀雄

聖堂の森の時雨や夕鴉/寺田寅彦

聖堂や棕梠の花散る石の道/篠原

潮騒の聖堂低し花大根/水原春郎

聖堂の聖樹にもあり裏表/品川鈴子

霜の朝聖堂三つ並びいる/対馬康子

聖堂の絵硝子密に深い夏/伊丹公子

仰ぎ見る丘の聖堂鳥渡る/古藤春世

冬眠の虫も聖堂近く居む/村越化石

聖堂や瞠然と夏銭こぼる/古舘曹人

聖堂は夜のミサ終り庭朧/奥田智久

聖堂の門に槐の茂りかな/渡辺香墨

聖堂の燭台磨き年用意/奥田花珠子

孕み鳥聖堂の軒出入りして/斎藤郁子

聖堂の楷の裸木春みぞれ/五十畑英一

乳香や聖堂秋気ドームより/大熊輝一

冬の星仰ぎて通夜の聖堂に/稲畑汀子

聖堂の灯や極寒の坂照らす/岸風三樓

俳句例:21句目~

聖堂の燭幽かにて花圃の秋/飯田蛇笏

聖堂の雲かげおとす釈奠/佐藤不二麿

聖堂やひつそりとして鷦鷯/正岡子規

梅干して来て聖堂のうす暗し/長田等

聖堂を出でたる人の田植笠/朝倉和江

献げ柿あらむ夕日の聖堂は/村越化石

聖堂を芯に一湾冬凪げり/下村ひろし

高原の聖堂クルス照る五月/大橋敦子

祝婚歌聖堂に満ち小鳥来る/宮下翠舟

聖堂にろうたき春や旧教区/石塚友二

郭公に暁くる聖堂減らぬ燭/津田清子

醜草も紅葉急げる聖堂下/古賀まり子

雷遠し聖堂に脱ぐ旅の靴/古賀まり子

聖堂に夫と並べば星涼し/中川やよひ

聖堂に稲妻かたき木椅子の列/長田等

聖堂の北側蔦の枯るる声/佐野まもる

ミサ夜長聖堂の扉に犬はべり/桑田青虎

ヨセフ祭の聖堂明るし桃の花/石井明石

底冷の聖堂祈りながき人/丸山よしたか

後の月聖堂のうち金秘めて/中戸川朝人

俳句例:41句目~

明神の朱聖堂の黝梅雨晴るる/橋本榮治

柚子の村より聖堂が海が見え/出縄明夫

燈涼しく総玻璃聖堂山頂に/吉良比呂武

病院に聖堂ありてイースター/高濱年尾

聖堂の木として仰ぐ棕櫚の花/高木壺天

霜晴の聖堂に坂立てりけり/下村ひろし

聖堂に喜捨の銭の音十三夜/中戸川朝人

聖堂に嚏ひしひとや出で来る/山口誓子

聖堂の闇あぢさゐに月のいろ/加藤耕子

聖堂の闇のどこかに鉦叩/丸山よしたか

聖堂の燭かすかにて花圃の秋/飯田蛇笏

聖堂のミサや外套着しままに/山田尚子

花冷えや聖堂固き椅子軋み/冨田みのる

聖堂の木の香奪はれつつ冬へ/廣瀬直人

聖堂のまばらに祈る夜寒人/冨田みのる

聖堂に色なき風とともに入る/澤田緑生

聖堂を出て緑蔭へ神父かな/奥本たかを

聖堂の火蛾の暗がり耳冷たし/伊藤淳子

聖堂の畳涼しき津和野かな/長谷川明子

聖堂の秋陽に契り吾子繭色/平井さち子

俳句例:61句目~

豚飼う音かすかに日中聖堂裏/伊丹公子

聖堂にミサのなかりし夜寒かな/奥田智久

聖堂は置かれしごとく島萌ゆる/今瀬剛一

聖堂を出でて薄暑の髪かたき/長屋せい子

聖堂を出づれば濁世サングラス/後藤淑子

聖堂の固き扉に泣く雪をんな/佐野まもる

聖堂の冷えしんしんと初祈祷/大場美夜子

芝を刈るまず聖堂のまわりより/対馬康子

聖堂を出て冬耕のひびきあり/大岳水一路

瞑目の夜の聖堂にちゝろ鳴く/丸山よしたか

聖堂に座すや淑気に満たさるる/秋月すが子

露けき聖堂吾れも祷りの席につく/内藤吐天

露の聖堂夕彌撒の燈をともしけり/内藤吐天

タイトルとURLをコピーしました