法鼓を使用した俳句

法鼓に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

法鼓を含む俳句例

大法鼓鼕々立春大吉と/真下喜太郎

参道の深き茂りや法鼓鳴る/大室達恵

威銃法鼓の如し蓮華峰寺/鈴木大林子

法鼓いま薫風に明く蔵王堂/加古宗也

煤掃に出仕の法鼓とう~と/奥野素径

長谷寺に法鼓轟く彼岸かな/高浜虚子

法鼓とどろと番ひ蟇番ひ蟇/中戸川朝人

法鼓鳴る祖院の静寂囀れる/宮前はやを

炎天の市にとゞろと法鼓かな/清原枴童

煤掃くや胡粉剥げとぶ大法鼓/野口一陽

賓頭盧を廻せ廻せと責め法鼓/西本一都

一山を揺るがし解夏の法鼓鳴る/吉富無韻

初法鼓おのれの呼吸かぞへけり/目時行雲

大いなる法鼓打ち出す淑気かな/山口草堂

打て法鼓朝日雪渓を真つ赤にす/岡田日郎

法鼓鳴り死者も爪伸ぶ今朝の鵙/相葉有流

法鼓鳴る寺に破るる芭蕉かな/大峯あきら

海棠に法鼓とどろく何かある/松本たかし

初護摩の法鼓五臓をゆさぶれり/斎藤智恵雄

煤掃のころがり出でし法鼓かな/大橋櫻坡子

俳句例:21句目~

落葉曼陀羅法鼓は力づよく打つ/柴田白葉女

ばつたんこ法鼓のごとくこだませり/山本洋子

タイトルとURLをコピーしました