生臭いを使用した俳句

生臭いに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

生臭いを含む俳句例

鶯の鳴き口中の生臭し/岸田稚

かの男やゝ生臭し裘/高橋淡路女

寒月や晩年の河生臭し/原田麦秋

獺の祭鳰の浦風生臭し/永見徳代

絶命の鯉生臭し戦中派/星野昌彦

葛飾や乗込刻は生臭し/須佐薫子

生臭き日や夜に入る鮎の川/岸田稚

壬生狂言手の生ぐさき翁かな/林薫

少年の日の生臭き螢かな/青木重行

樹氷原わが白息の生臭し/渡辺恭子

生臭き息を憚る涅槃絵図/浜渦美好

生臭き風匂ひ来る放生会/高橋柊子

破芭蕉残りし花の生臭き/嶋田麻紀

鶏合の風生ぐさし月の山/姉崎/昭

生臭き風の出で来し蛇の衣/棚山波朗

凍裂のありたる椴の生臭し/小林雪雄

啄木鳥は頭上に飛んで生臭き/高篤三

捕虫網一夜を経ては生臭し/能村研三

渓の生臭いものを胡葱の汁/喜谷六花

生臭き布団の中やいさな取/野村喜舟

俳句例:21句目~

白き船体桜どき過ぎ生臭し/桜井博道

白芙蓉芯に生臭さ育てをり/谷口桂子

稲光り漁村に照りて生臭し/三好潤子

羽蟻出ていま生臭き遊歩道/北上正枝

腹裂きて医者生臭き秋の蝶/神山姫余

鮎食うて生臭き口鵜舟待つ/野澤節子

咲きはじめはや生臭き杜鵑草/川崎展宏

玄の忌の厨に生臭もの置きて/川名律子

生臭きこと思ひつつ蘆刈れる/長谷川櫂

生臭き声捨てかねて雪女郎/辺見じゅん

蛇過ぎて生臭き草たち上がる/松本幹雄

金の死春夜を少し生ぐさく/蓬田紀枝子

生臭き蘭の花など春の服/長谷川かな女

紅葉且つ散る人語斯く生臭く/金子斐子

生臭く盛り上がり来し青田風/新谷ひろし

おほわたの昨日思ふ血生臭き口/石川桂郎

雷去りぬ濡れて刃物の生臭く/鍵和田ゆう子

竹藪のむらさきけまん生ぐさし/八幡城太郎

タイトルとURLをコピーしました