湖辺を使用した俳句

湖辺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

湖辺を含む俳句例

夏帽や保養一念に湖辺宿/飯田蛇笏

鳥渡る湖辺に近き喫茶室/竹内恒子

坂本の湖辺伏屋の木槿かな/尾崎迷堂

太祇忌や秋の湖辺の蒲焼屋/飯田蛇笏

干し足袋も鴨の形す湖辺宿/右城暮石

枯蘆の下から青む湖辺かな/正岡子規

阪本の湖辺伏屋の木槿かな/尾崎迷堂

指環して春雨湖の辺に精し/古舘曹人

初鮒を樽に漬けこみ湖辺村/友永佳津朗

氷解けて湖辺の路の往来かな/正岡子規

湖辺ゆく跫音風音凍りけり/古賀まり子

花桐に斯の民やすき湖辺かな/飯田蛇笏

老画家とゆく落日の氷湖の辺/野澤節子

日盛りの湖辺に置かれ百葉箱/三崎由紀子

歯朶漉き込め湖辺に白き春障子/野澤節子

湖の辺の古潭陋屋とりかぶと/松崎鉄之介

遥かなる湖辺の青田とはさびし/加倉井秋を

酒わかす湖辺落葉にはれてゐる/川島彷徨子

湖辺に垂穂汽車尋常にめぐり遅々/石橋辰之助

越冬つばめ群れとぶ湖辺冷えて来し/宮川富美子

俳句例:21句目~

蚊帳に覚めしづかな湖の辺なりけり/山口波津女

あられもなきパチンコ機の裏氷湖の辺/平井さち子

タイトルとURLをコピーしました