眼鏡橋を使用した俳句

眼鏡橋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

眼鏡橋を含む俳句例

鶺鴒の瀬に残照の眼鏡橋/広瀬釣仙

俥屋と月の出を待つ眼鏡橋/北園逸子

初潮に双眼澄める眼鏡橋/山田ゆう子

奴凧よき川風の眼鏡橋/山野邊としを

柳枯れ剛き雨降る眼鏡橋/下村ひろし

眼鏡橋門松舟の著きにけり/子規句集

眼鏡橋阿片患者が春惜しむ/石原八束

眼鏡橋阿片患者と春惜しむ/石原八束

風花や錦絵めきて眼鏡橋/下村ひろし

冬かもめ都へわたる眼鏡橋/柴田白葉女

明易や眼鏡橋なる眼鏡の輪/松根東洋城

暮るるまで飛燕愛語の眼鏡橋/堀口星眠

爽涼の川筋めがね橋その他/下村ひろし

舟虫を見てより眼鏡橋寂し/殿村菟絲子

藪柑子かかる里輪に眼鏡橋/中村草田男

雁わたるための空あけ眼鏡橋/中尾杏子

つぶら眼の日傘乙女や眼鏡橋/下村ひろし

島は緑の泣き濡れ色に眼鏡橋/加倉井秋を

師の詠みし眼鏡橋いまおぼろ橋/朝倉和江

待宵の水見て立てり眼鏡橋/山野邊としを

俳句例:21句目~

枸杞は実に片流れして眼鏡橋/下村ひろし

河童忌の汐さかのぼり眼鏡橋/木場田秀俊

べつかふの月の出に酔ふ眼鏡橋/文挟夫佐恵

タイトルとURLをコピーしました