灯の色を使用した俳句

灯の色に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

灯の色を含む俳句例

神灯の色に染りて鏡餅/浅野京子

灯の色の楓を前や初風炉/小川正策

鬼灯の色づきゐたる子安神/森澄雄

灯の色も人恋ふ色や地蔵盆/藤原文子

鬼灯の色にゆるむや畑の縄/井上井月

この冬木独身寮の灯色塗る/友岡子郷

苗木売り夕餉の灯色遠く見て/桂信子

落鮎の遠き熊野の灯色かな/宮武寒々

灯の色の赤き一戸や笛の秋/加藤三七子

鬼灯の色つくす母消えぬべし/小林康治

友の忌の鬼灯色をとりもどす/萩原麦草

麦秋の大地共生の灯色かな/柴崎左田男

灯の色の赤さがゆゑに十夜かな/小杉余子

花冷えの灯の色ともる胸の上/千代田葛彦

霜の夜のことに灯の色鬼房忌/佐藤きみこ

鬼灯の色づきそめぬほゝゑまし/松藤夏山

ねむき灯色すみれ早咲く崖も闇/友岡子郷

住みかはる窓の灯色やちちろ虫/皆吉爽雨

書の面の灯色に代はり初明り/中村草田男

灯の色にさらす素顔の夜長かな/ふけとしこ

俳句例:21句目~

灯の色や指遊ばせて卓のばら/阿部みどり女

甲斐路ふかく夕蝶は灯の色にとぶ/長谷川秋子

湯葉ひさぐ雪解の店の黄な灯色/長谷川かな女

タイトルとURLをコピーしました