前後/を使用した俳句

前後/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

前後/を含む俳句例

神農の虎の前肢後肢/後藤夜半

稲車前後月光匂はしむ/近藤一鴻

柳あり桃あり家の前後/正岡子規

屠蘇酌めり前鬼後鬼の山長者/青畝

前潭に後澗の入る巖紅葉/西本一都

健脚を前後に配し登山隊/高橋逸郎

前後して競ふ帆柱秋の潮/川崎展宏

前後熱さ涼しさ半分づゝ/正岡子規

下草を薙ぎ行く前鬼後鬼の裔/暮石

頂上を証す前後の深き谿/津田清子

夢に出し前鬼と後鬼春の山/角川春樹

敗戦の前後の綺羅の米恋し/三橋敏雄

春愁や髪切る前もその後も/西村梛子

黒地蔵堂前堂後梅香充つ/篠田悌二郎

入学の吾子の頭青く後前す/石川桂郎

曼珠沙華前後人なき柳生道/丸山哲郎

男女蟇の前後を分れ通る/ねじめ正也

南北に前後にゆるす女かな/攝津幸彦

右左前後の岳の秋ひしひし/石川桂郎

墓の前後こぼれ鶏顔二三本/近藤一鴻

俳句例:21句目~

大いなる月の道あり家の前/後藤夜半

毒茸の前後にありて笑へりき/岸田稚

青大将前後に音のなかりけり/石嶌岳

角燈に前後す影や雪の道/大橋櫻坡子

師走の灯前後にて恥らひぬ/杉山岳陽

橋に出て涼む前後に夜の岳/川村紫陽

桐の花人死す前もその後も/相馬遷子

躾糸したまゝ登校花前花後/攝津幸彦

霜の声母逝く前もその後も/江口千樹

夏山を流す雨音前後より/長谷川かな女

寒く暗く独房に覚む前後なし/岩田昌寿

桜吹雪前後見知らぬ黒の列/殿村莵絲子

蓮を掘る日の前後して報恩講/高浜年尾

海路遠見の羅漢の前後柿紅葉/伊丹公子

脚下黒部前後を断ちし秋出水/福田蓼汀

夏の霧噴き捲く前鬼後鬼像/猿橋統流子

光陰や深沈と水巴忌前後過ぐ/斎藤空華

前後から攻めて来る子の水鉄砲/林民子

前後に目羽交にも目の稲雀/百合山羽公

北風に情念透きて前後なし/柴田白葉女

俳句例:41句目~

愛咬の前後溶けゆく時間の端/上野ちづこ

己が身の前後ながめて炎天へ/岩淵喜代子

夏至前後橋のアーチを日日あらふ/竹中宏

前後して切れし電球菜種梅雨/小川しま子

前後しててんてこ舞のしじみ蝶/高澤良一

桐の花いちど生れし前後を見る/加藤郁乎

はなびらの前後不覚にひらひらす/松澤昭

嶺の松や後夜後ト前キの冬の月/尾崎迷堂

戦争に前/中/後あり秋の風/小檜山繁子

囀りのしばらく前後なかりけり/中村汀女

木洩日が蟻の前後を嗅ぎまはる/上井正司

病葉のひとつの音の前後かな/阿波野青畝

護国社の紅葉且つ散る碑前碑後/林十九楼

支那服は前後へ二片薔薇寛らか/香西照雄

左右もなく前後もなくて花に佇つ/長友/梓

シャワー浴ぶ悪事の前とその後と/櫂未知子

前後して人の逝くなり蟲ほほづき/高澤良一

ふりむきて身に前後あり露けしや/清水径子

ところてん前後は水にあそばせよ/加藤郁乎

洩るる灯のそこより前後なき深雪/安東次男

俳句例:61句目~

前肢を折り後肢を折りて鹿の仔坐る/右城暮石

前にあるかとすれば後へにお祝棒/佐々木北涯

栗咲く香血を喀く前もその後も/石田波郷「惜命」

あきらかに茅の輪くぐりし前と後/斉藤美規「百年」

終りなき時に入らむに束の間の後前ありや有りてかなしむ/土波善麿

タイトルとURLをコピーしました