模糊を使用した俳句

模糊に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

模糊を含む俳句例

梟の置物模糊と昼寝覚/高澤良一

岬山の雨に模糊たる花茨/遠藤梧逸

土用波神島模糊として確か/加古宗也

対岸の模糊に鶯うつりけり/飯田蛇笏

江ノ島の模糊と浮べり年忘/水原春郎

モネの絵も海も模糊たり花曇/斎藤道子

模糊として男旅する薄氷/長谷川久々子

海透きて水母の内部器宮模糊/津田清子

湯豆腐に顧みる年模糊とあり/高澤良一

花卯木水模糊として舟ゆかず/飯田蛇笏

大琵琶の模糊とし雪の別れかな/桑田青虎

山紫てふ模糊たる方に夏迫る/殿村莵絲子

扇風器模糊と眉目のあそぶなり/植村通草

曼珠沙華模糊と骨積む海の底/小檜山繁子

来し方も行方も模糊と草の絮/山下千代子

模糊として而して柳散る日かな/京極杞陽

模糊と見て桜のなかに末期の眼/高澤良一

郭公のとびゆく一樹模糊として/山口青邨

冷し瓜おのれ自身のほかは模糊/有澤かりん

山腹の模糊たるはつるうめもどき/福永耕二

俳句例:21句目~

枯尾根の模糊たるはつるうめもどき/福永耕二

降りざまの模糊として梅雨疑ひなし/高澤良一

思ひ模糊たりあまたのお蚕繭籠るところ/安斎櫻カイ子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました