野水を使用した俳句

野水に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

野水を含む俳句例

夕日さす元日の野の水緊り/原裕

遠光りする野の水や返り花/亜浪

眺めやる野水の行方春浅し/たかし

末枯や野水に映る梅嫌/菅原師竹句集

枯囲む野水を鳥の帰るなり/右城暮石

馳せちがふ野水のひかり鴨帰る/羽公

石狩の野水ゆたかに初あらし/石原舟月

音高き春の野水に歩をとゞめ/高浜虚子

鳧の子を野水にうつす植女哉/加舎白雄

夕狩の野の水たまりこそ黒瞳/金子兜太

枯野の水にのぼりゐたりけり/臼田亞浪

船小屋のありて枯野の水添へる/瀧春一

若菜野の水に沿ひゆく郵便夫/秋篠光広

菜を洗ひ冬野の水を皺にする/古館曹人

萌ゆる野の水通はせて飛鳥寺/大石悦子

残照のいづこの野水鴨のこゑ/百合山羽公

霧罩めて野水はげしや黍の伏し/飯田蛇笏

手押喞筒花野の水のつめたさよ/川崎展宏

野の水となりて花野を奔るなり/谷野予志

野の水の澄む日もあらぬ霞かな/岡本松浜

俳句例:21句目~

鳥の影つぎつぎ花野の水を過ぎ/川崎展宏

トキソウに浮野の水のひびくなり/落合水尾

初東風の野の水のにごりみせたり/原田種茅

春の野の水とろとろと沼に入る/今井杏太郎

曼珠沙華燃えはてし野の水澄めり/西島麦南

みだれたるわが銀の髪さへも淡く映して野の水氷る/山下陸奥

タイトルとURLをコピーしました