季語/口切(くちきり)を使った俳句

「口切」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「口切」について

【表記】口切

【読み方】くちきり

【ローマ字読み】kuchikiri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・口切茶事(くちきりちゃじ:kuchikirichaji)

・口切茶会(くちきりちゃかい:kuchikirichakai)

季節による分類

・「く」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

口切を含む俳句例

口切や庵の行事の覚書/石井露月

口切や孟宗竹の雨しぶき/齋藤玄

口切におろす晴着の躾とる/星野椿

口切や主客の心一つなる/小林草吾

口切に時雨を知らぬ青茶かな/徳元

口切や小城下ながら只ならね/蕪村

口切のとまり客あり峯の坊/炭太祇

口切や宗旦狐座にまぎれ/井沢正江

口切や花月さそふて大天狗/炭太祇

口切や羽織袴で臼をひく/福村新舟

口切や南天の実の赤き頃/夏目漱石

口切にゆく近道の谷中墓地/佐野美智

口切に堺の庭ぞなつかしき/松尾芭蕉

口切や織部らしきを大切に/草間時彦

口切や誰我案内設けの座/松根東洋城

口切りに残りの菊の蕾かな/松瀬青々

口切の窓を過ぎゆく霰かな/会津八一

口切の隣も飯のけふりかな/蕪村遺稿

口切や五山衆なんどほのめきて/蕪村

口切や梢ゆかしき塀どなり/蕪村遺稿

俳句例:21句目~

口切や湯気ただならぬ台所/与謝蕪村

口切の壺と聞えてうやうやし/後藤夜半

口切の封も奉書もまつたき白/佐野美智

口切の菴や寐て見るすみだ河/高井几董

口切や日の当りゐるにじり口/星野立子

口切や今朝はつ花のかへり咲く/風/虎

口切やふるきまじはりまた重ね/及川貞

口切の抹茶を買つて梅の橋/野上智恵子

口切やところを得たる御茶壷/田中蘆風

口切やけふのよき日を京の水/角田竹冷

口切りや二霜三霜ありしより/赤羽岳王

口切に来よとゆかりの尼が文/篠塚しげる

口切や新居披露の意もありて/合田丁字路

口切の御詰にひかへをりにけり/稲畑汀子

口切りて嵐もそはれこほりもち/水田正秀

口切ややはらかき手をにぎりきて/宮坂静生

口切りに小啄木鳥来てゐる寒の明/高尾峯人

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ