季語/冬の雷(ふゆのらい)を使った俳句

「冬の雷」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬の雷」について

【表記】冬の雷

【読み方】ふゆのらい

【ローマ字読み】fuyunorai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒雷(かんらい:kanrai)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬の雷を含む俳句例

雲とざす響灘より冬の雷/上村占

冬の雷喪章鞄に瀬戸渡る/宮武寒々

冬雷に暖房月を湛へたり/飯田蛇笏

抽斗に樹林の暮色冬の雷/中島斌雄

教会の鐘楼わたる冬の雷/堀口星眠

羽目板に木目渦まく冬の雷/菅裸馬

たゞ寒く変らぬひと日冬の雷/及川貞

冬の雷夜討のごとく闇襲ふ/原コウ子

冬の雷家の暗きに鳴り籠る/山口誓子

冬の雷街灯ぐらりねんざする/林恒子

決断に理由は要らず冬の雷/阪本謙二

真直に髪分けて聴く冬の雷/和知喜八

腐刻画の深きに目覚め冬の雷/徳弘純

落語家の死が片隅の冬の雷/有馬朗人

なにゆゑの島を手ごめの冬の雷/上村占

中国の蜜のねばれり冬の雷/大木あまり

函嶺の湯あみを冬の雷のもと/皆吉爽雨

泣き染まる赤児の裸冬の雷/赤松ケイ子

豚舎より仔豚跳び出す冬の雷/吉田霞峰

身の芯の歯車止まる冬の雷/加藤知世子

俳句例:21句目~

逝く人の魂を召しゆく冬雷か/橋本榮治

天嶮のごと遮断機器冬の雷/小松崎爽青

冬の雷ダンプ荷台の逆さ立ち/川村三千夫

吾子の自負たしなむる夜や冬の雷/原俊子

繕ふは身のうちにあり冬の雷/小笠原照美

冬の雷に醒めし眠を継がんとす/中村草田男

冬の雷チェロのケースに届くべし/吉田紫乃

打ち込みしワープロの消ゆ冬の雷/竹中昭子

文士劇はじまり冬の雷に驚く/長谷川かな女

豆引きの降りこめられぬ冬の雷/金尾梅の門

冬の雷祖父のきれいな頭は撃てまい/斎藤一湖

冬の雷とどろく夜深の胸ゆらぎかの非時の古語しゆかしも/坪野哲久

冬の雷そらを渡ればそれぞれの夜の部屋にある妻子明るまん/石本隆一

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ