季語/鯨(くじら)を使った俳句

「鯨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鯨」について

【表記】鯨

【読み方】くじら

【ローマ字読み】kujira

子季語・関連季語・傍題・類語など

・背美鯨(せみくじら:semikujira)

・抹香鯨(まっこうくじら:makkokujira)

・座頭鯨(ざとうくじら:zatokujira)

・鰯鯨(いわしくじら:iwashikujira)

・小鯨(こくじら:kokujira)

・長須鯨(ながすくじら:nagasukujira)

・白長須鯨(しろながすくじら:shironagasukujira)

・勇魚(いさな:isana)

季節による分類

・「く」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鯨を含む俳句例

鯨舟新島守を慰めつ/召波

大小の油目泳ぐ鯨汁/上村占

霜降や立方体の鯨肉/辻桃子

船繋ぐ裏門高しはつ鯨/野坡

秋風は鯨がちらす鰯雲/一雪

鯨賣市に刀を皷しけり/蕪村

雁門や鯨さばしる五月雨/露沾

おの~の喰過がほや鯨汁/几董

海の幸南の国の鯨猟/奥田彩雲

をの~の喰過がほや鯨汁/几董

一番は迯げて跡なし鯨突/太祗

一番は迯て跡なし鯨突/炭太祇

鯨売り市に刀を皷しけり/蕪村

珍しき高知の雪や鯨鍋/西武比古

夕日さす波の鯨や片しぐれ/巴人

十六夜や鯨来初めし熊野浦/蕪村

反古張の鯨の胴や年の暮/龍岡晋

大年の海原叩け鯨の尾/遠山陽子

晩年は鯨を愛す日の帝/折笠美秋

いかめしや鯨五寸に年忘れ/樗良

俳句例:21句目~

注連飾して鯨揚ぐ大轆轤/沖一風

秋風や妻なほなじむ鯨尺/有働亨

汐曇り鯨の妻のなく夜かな/蓼太

飲食の鯨を沖に日蓮忌/大屋達治

鯨捕り黒き腕に夏羽織/前田普羅

沈む日に汐吹きかくる鯨かな/谺

おのおのの喰過がほや鯨汁/几董

鯨汐船傾きて南進す/柴田白葉女

百余艘鯨に向ふ霰かな/会津八一

鯨汁熱き啜るや外吹雪/大谷繞石

凩に鯨潮吠く平戸かな/夏目漱石

お長屋の老人会や鯨汁/子規句集

春愁や鉢曇らせて塩鯨/石塚友二

鯨くる海を遠見に袋掛/高須禎子

鯨にも脚がありきと青蛙/有馬朗人

鯨の目大仏の目に似て細し/広瀬香

鯨よる大海原の静かさよ/正岡子規

蒼天と碧海にのみ居る鯨/久米正雄

お物師や星を唱ふる鯨さし/泰/清

落葉すや喪家の門の鯨幕/野村喜舟

俳句例:41句目~

菜の花や鯨もよらず海くれぬ/蕪村

草山や沖の鯨を見に上ぼる/原石鼎

雄鯨の愛の泪や星あかり/堀口星眠

草山や沖の鯨を見にのぼる/原月舟

鯨裂く血の波返す渚かな/津江碧雨

鯨鳴く水族館を出て小雪/対馬康子

黒潮の騒ぐ匂ひや鯨追ふ/田中化生

龍胆も鯨も掴むわが双手/杉田久女

暁や鯨の吼ゆるしもの海/加藤暁台

ゆく年や袋にねむる鯨尺/國武和子

をのの喰過がほや鯨汁/高井几董

初汐や鯨の浮ぶ氷見の海/野村喜舟

初漁の前や手もみの鯨唄/小関芳江

古墳見て戻りし夜の鯨汁/田村一翠

夏の灯の鯨の本へ乱反射/高澤良一

江の島が鯨に見ゆる冬霞/宮脇白夜

白長須鯨を花に誘ふかな/栗林千津

大漁の鯨によごれ銚子町/松藤夏山

大空や霞の中の鯨波の声/夏目漱石

大航海時代終りし鯨かな/橋本榮治

俳句例:61句目~

宵宵や雌鯨吼ゆる沖の雲/会津八一

白浜や紀の国人とみる鯨/久米正雄

山吹に鯨の海の流れをり/武藤紀子

山巓よ眠る鯨を涅槃とす/久保純夫

浦人や鯨の油幾日汲む/河東碧梧桐

御前が崎馬がたち有り似せ鯨/調和

角に切て縄でさげ行鯨哉/松瀬青々

貧厨に鯨肉配給雪が降る/山口青邨

遅日計るものに媼の鯨尺/斉藤夏風

鐘かすむ鯨八千供養の碑/内原陽子

霜月や鯨入り来し伊勢の海/上村占

須弥山説香水海の鯨かな/尾崎迷堂

高濤に鯨の尾鰭直立す/山崎ひさを

蜜柑の国鯨の国の紀州かな/尾崎迷堂

虎落笛夜は鯨を連れてくる/澤本三乗

薫風や朱もあざやかに鯨肉/佐川広治

くろがねの鍋の分厚き山鯨/山崎幻児

この浦の鯨の墓に舸子案内/向野楠葉

花ぞらに鯨舎と登る凌雲閣/筑紫磐井

めいっぱい踊り場使ひ鯨曳/高澤良一

俳句例:81句目~

船日誌鯨を見ると記しけり/中山稲青

解纜や亜庭の鯨浮き出でぬ/山口誓子

大鯨黄なる西日に曝しけり/松瀬青々

躯こゝに命いづくの鯨かな/尾崎迷堂

連翹に巨鯨の影の月日かな/金子兜太

好晴を鯨は潮を吹きにけり/野村喜舟

子鯨の迷ひ入りたる港かな/川田十雨

長鯨の海吸ひ盡す汐干かな/会津八一

冬浪の白起つばかり鯨望荘/高澤良一

水無月や鯛はあれども塩鯨/松尾芭蕉

電話急鯨とれしと幾度も/新山/武子

繰り出すは屋台鯨の親爺舟/高澤良一

低頭に過ぎしひと日の鯨汁/北村直彦

干し菜汁鴨居隠しに鯨尺/宮澤せい子

水温む鯨が海を選んだ日/土肥あき子

大風に吹かれて去りぬ鯨売/石井露月

男荒ぶ/沖に鯨を泳がせて/岸田房子

大きさも知らず鯨の二三寸/子規句集

喝采に潮吹き足らぬ山車鯨/高澤良一

散らばれる鯨の骨や草の花/長谷川櫂

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ