季語/鮃(ひらめ)を使った俳句

「鮃」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鮃」について

【表記】鮃

【読み方】ひらめ

【ローマ字読み】hirame

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒鮃(かんひらめ:kanhirame)

季節による分類

・「ひ」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鮃を含む俳句例

煮凝の半信半疑鮃の目/高澤良一

舌鮃巌の攻防足下より/古館曹人

舌鮃巖の攻防足下より/古舘曹人

一政の上目使ひの鮃かな/高澤良一

夕暮のはかりに重き寒鮃/有馬朗人

大師講日和とありし鮃かな/森澄雄

火の島に呟いている鮃かな/八村廣

短日や鮃は鰈いぶかしみ/細川加賀

糸投げて飛沫小さき平目釣/谷迪子

鯛.鮃昇れや虹の太鼓橋/高澤良一

にんげんの慌しさを鮃の目/辻田克巳

畑焼の火は消えにけり舌鮃/斉藤夏風

秋夕映の海より来たり鮃の死/森澄雄

鉄の乙女が操る鮃は最低だ/夏石番矢

ほうぼうに鮃に訛り残りけり/攝津幸彦

うすぐもり瞰れば京都は鮃臥す/竹中宏

人生を視る術なくて平目かな/攝津幸彦

青梅雨の裏もおもても鮃かな/中村明子

一千万年すぎて平目を裏返す/津沢マサ子

人間になりそこねたる比目かな/佐藤鬼房

俳句例:21句目~

鮃食うべえべえ言葉の一座かな/原沢利夫

夏憂しと平目は砂にまぎれけり/鈴木真砂女

河豚ふくれ比目平たき御代なれや/佐藤紅緑

風邪引いて床に打ち臥す図は平目/高澤良一

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ