季語/鴛鴦(おしどり)を使った俳句

「鴛鴦」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鴛鴦」について

【表記】鴛鴦

【読み方】おしどり

【ローマ字読み】oshidori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・銀杏羽(いちょうば:ichoba)

・剣羽(つるぎば:tsurugiba)

・思羽(おもいば:omoiba)

・鴛鴦の契(おしのちぎり:oshinochigiri)

・鴛鴦の衾(おしのふすま:oshinofusuma)

・鴛鴦の褥(おしのしとね:oshinoshitone)

・番鴛鴦(つがいおし:tsugaioshi)

・離鴛鴦(はなれおし:hanareoshi)

・鴛鴦の妻(おしのつま:oshinotsuma)

・鴛鴦の浮寝(おしのうきね:oshinokine)

・鴛鴦の独寝(おしのひとりね:oshinohitorine)

・鴛鴦の毛衣(おしのけごろも:oshinokegoromo)

・鴛鴦の沓(おしのくつ:oshinokutsu)

・おし(おし:oshi)

季節による分類

・「お」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鴛鴦を含む俳句例

鴛鴦がゐて増水の梓川/高澤良一

思羽いとしや老の書にはさむ/青邨

鴛鴦の胸分けの陽炎の水/瀧井孝作

鴛鴦啼や一節截吹やせ男/加舎白雄

鴛鴦や殿中どなた美しき/野村喜舟

鴛鴦の寺に客あり春の雪/中川四明

薄絹に鴛鴦縫ふや春の風/正岡子規

嘴の雪打ち振り鴛鴦の又眠る/如洞

鴛鴦や寒林の日の落椿/島村はじめ

鴛鴦のいづれ思ひ羽思はれ羽/狩行

鴛鴦の深淵に得し妻なるか/草田男

鴛鴦へ裾をゆつたり聖尼僧/下田稔

鴛鴦の胸石暖き夕日かな/籾山柑子

鴛鴦の思ひ羽映す水の艶/能村研三

氷上に花園なして鴛鴦ねむる/星眠

鴛鴦の二つ並んで流るゝよ/別天楼

鴛鴦のちぎりや沓の右ひだり/蓼太

鴛鴦の影うつしけり秋の水/中勘助

万丈の巌ぞこぞる鴛鴦の水/太田嗟

白烏に極彩色の鴛鴦の沓/西本一都

俳句例:21句目~

雨催よりそふ鴛鴦の深眠り/水野吐紫

鴛鴦や恋々として顔を寄せ/喜谷六花

鴛鴦や揃へたやうな二つがひ/森鴎外

鴛鴦や松ケ枝高く居静まり/川端茅舎

鴛鴦や眠りもぞする鴨の中/野村喜舟

鴛鴦や風を避けたる杭の間/籾山柑子

鴛鴦を盗まれて閑居春寒き/中川四明

鴛鴦を見る現心の端居かな/会津八一

鴛鴦に古木はげしく枯れにけり/石鼎

鴛鴦の水尾華げり即位の日/小川一路

鴛鴦二つ水は光を運びをり/山根和子

鴛鴦の水尾の二つ続きけり/原山英士

鴛鴦二つ波紋を曲げて進みけり/年尾

鴛鴦眠る真綿の如き靄の中/和田祥子

一塵もなき禅林の鴛鴦の水/高澤良一

鴛鴦装う晴着は大正浪漫風/高澤良一

古里の水に鴛鴦見し昔かな/尾崎迷堂

吟行の句帳の端に鴛鴦の数/遠藤甫人

夕焼沼黄金分割の鴛鴦の航/田仲了司

餌付師に白鳥応へ鴛鴦応ふ/西本一都

俳句例:41句目~

岩かげを流れ出て鴛鴦美しき/原石鼎

鴛鴦に神のみ池の波こまか/橋本鶏二

鴛鴦の子も欲しうなき姿哉/小栗風葉

鴛鴦鴨のつくべき水の見晴かな/林紅

鴛鴦の壊しにかかる花筏/佐々木六戈

鴛鴦や蓮華の相タあり~と/野村喜舟

暁の国鴛鴦の水輪は夜すがらか/龍男

暮れそめし鴛鴦の羽色や返り花/鷹女

月あかり鴛鴦は色襲ねしや/大石悦子

鴛鴦の並びて視線異なれり/丸山海道

鴛鴦に月のひかりのかぶさり来/青畝

鴛鴦あはれ南京豆を争へる/富安風生

鴛鴦の襖を隔て眠りけり/佐々木六戈

鴛鴦の遅々たる影や水の底/寺田寅彦

ありあれば鴛鴦の衾に恨かな/大塚羽山

うつりすぐ善女善男鴛鴦の水/飯田蛇笏

鴛鴦の羽に薄雪つもる静さよ/子規句集

おのが影乱さず浮いて鴛鴦の水/橙黄子

お水門鴛鴦居る今日も~かな/尾崎迷堂

渡りきし鴛鴦に瑠璃なす雪の淵/小田司

俳句例:61句目~

こがらしや日に日に鴛鴦の美しき/士朗

鴛鴦の水尾引く湖の広さあり/稲畑汀子

わが顔の鴛鴦の水輪と暮れのこる/鴻村

鴛鴦の水尾のよぎりし塔の影/藺草慶子

一月の正しき日数鴛鴦の水/神尾久美子

胸丸く水輪の濃ゆく鴛鴦の夫/高木晴子

鴛鴦の脊を水玉となり落ちにけり/不忘

鴛鴦の色して一掬の水さへも/古館曹人

朝の靄彩だたせ鴛鴦たむろせり/上村占

鴛鴦の妻より先に潜りけり/矢口由紀枝

鴛鴦は分に過ぎたる晴着被て/高澤良一

夜の鶴鴛鴦の中よりも哀なり/加舎白雄

鴛鴦こぞり起つ氷上の谺かな/臼田亜浪

木の洞に鴛鴦二つゐる日永かな/上村占

新涼の水かきうすく鴛鴦流る/松村蒼石

鴛鴦の向ひあふたり並んだり/子規句集

雪の竹弓に撓むや鴛鴦の居る/松本翠濤

搦手の雲かがやかに鴛鴦翔る/木村蕪城

鴛鴦や眠れる沼に居りしもの/尾崎迷堂

岩雫すれ~に鴛鴦の日向ぼこ/鈴木花蓑

俳句例:81句目~

早も小雪かゝりし水や鴛鴦の沓/原石鼎

足許に鴛鴦の眠れる目を賞で/後藤夜半

映るもの枯れ一色や鴛鴦の水/高澤良一

屏風岩高く翔れる鴛鴦もあり/鈴木花蓑

金閣の影を大事に鴛鴦遊ぶ/田畑美穂女

牡丹雪浮寝醒めたる鴛鴦二つ/鈴木花蓑

鴛鴦帰り雲烟岳をのぼりつぐ/堀口星眠

鴛鴦浮くや燈籠も松も何も冬/尾崎迷堂

流觴の今ゆるやかな鴛鴦ならび/森田峠

離鴛鴦流れてゆきぬ鴛鴦の間/矢島渚男

麗しき夢見てをらむ残る鴛鴦/堀口星眠

鴛鴦をそのまゝ春の鳥なりけり/尾崎迷堂

くらきより出て鴛鴦の胸すすむ/椎橋清翠

さざなみの大摺鉢の鴛鴦の池/西田美智子

万葉の水押してゆく鴛鴦二つ/平川まゆみ

初伊勢の鴛鴦にあひをりしなり/岡井省二

動かざるときも並びて鴛鴦は/長谷川秋子

鴛鴦は鳥なりやもめは人にこそ/佐藤紅緑

圓光を著て鴛鴦の目をつむり/長谷川素逝

鴛鴦も引く遥かへの水憶ふのみ/松村蒼石

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ