季語/貝焼(かいやき)を使った俳句

「貝焼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「貝焼」について

【表記】貝焼

【読み方】かいやき

【ローマ字読み】kaiyaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・かやき(かやき:kayaki)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

貝焼を含む俳句例

夕市に貝焼匂ふ能登の秋/近藤明美

貝焼の店冬木より綱を引き/友岡子郷

貝焼の脂野鴨と聞かずとも/茨木和生

貝焼の火を吹く老の猫背かな/藤井紫影

貝焼や女もすなるふところ手/吉田冬葉

うに貝焼ほつほつつつく雁の夜/つじ加代子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ