季語/雲の峰(くものみね)を使った俳句

「雲の峰」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雲の峰」について

【表記】雲の峰

【読み方】くものみね

【ローマ字読み】kumonomine

子季語・関連季語・傍題・類語など

・積乱雲(せきらんうん:sekiranun)

・入道雲(にゅうどうぐも:nyudogumo)

・坂東太郎(ばんどうたろう:bandotaro)

・丹波太郎(たんばたろう:tambataro)

・比古太郎(ひこたろう:hikotaro)

・信濃太郎(しなのたろう:shinanotaro)

・石見太郎(いわみたろう:iwamitaro)

・安達太郎(あだちたろう:adachitaro)

・雷雲(らいうん:raiun)

・鉄鈷雲(かなとこぐも:kanatokogumo)

・夕立雲(ゆうだちぐも:yudachigumo)

・峰雲(みねぐも:minegumo)

季節による分類

・「く」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

雲の峰を含む俳句例

雲の峰立や野中の握飯/一茶

雨遠し入日に向ふ雲の峯/秋則

豁然と海昂然と雲の峯/大串章

土用餅腹で広がる雲の峰/許六

楼の屋根に人あり雲の峰/嘯山

溜り水脱かけてや雲の峯/宜路

投出した足の先也雲の峰/一茶

全力か否か崩るる雲の峯/耕衣

雲の峰石伐る斧の光かな/鏡花

たのもしや西紅の雲の峰/一茶

峰雲の下生国を同じうし/原裕

湖へずり出しけり雲の峯/一茶

雲の峯石臼を挽く隣かな/李由

米国や夜もつゝ立雲の峰/一茶

指長き念仏僧や雲の峰/原田喬

水色の一筆箋や雲の峰/環順子

磐梯に峰雲の照り母働く/原裕

田よ畠よ寸馬豆人雲の峰/一茶

積乱雲登檣礼の百の帽/下田稔

峰雲を生みつぐ海の力業/原裕

俳句例:21句目~

雲の峰臨月信楽狸かな/仙田洋子

峰雲の峰をおそれず草の絮/原裕

山一つあなた丹波や雲の峯/百池

峰雲の根の海坂の濃く流る/篠原

雲の峰空海の杖近づけり/神蔵器

峰雲の峰をおそれず草の絮/原裕

雲の峰いくつ崩れて月の山/芭蕉

嵐にも崩れぬものよ雲の峰/鬼貫

雲の峯高観音をはなれたり/亀友

海人の胸三寸の雲の峯/進藤一考

雲の峯四沢の水の涸てより/蕪村

雲の峯唖少年と唖少女/津田清子

雲の峯八方焦土とはなりぬ/楸邨

帆船の刻々帰る雲の峰/広本俊枝

雲の峯いくつ崩れて月の山/芭蕉

雷雲を裾に退け青妙義/関森勝夫

野社に太鼓うちけり雲の峰/北枝

水虫にきく薬なし雲の峰/龍岡晋

逃水に行止りなし雲の峰/仁平勝

喜撰山入道雲の頭出て/辻田克巳

俳句例:41句目~

船頭のはだかに笠や雲の峰/其角

白雨に跡かたもなし雲の峯/正白

白壁の焔硝蔵や雲の峯/寺田寅彦

鯱に入道雲の聳ち損ね/高澤良一

爼の魚の眼が見る雲の峰/桂信子

筆の林つくろひ物や雲の峯/調泉

人のなす罪より低し雲の峰/一茶

雨と成恋はしらじな雲の峰/蕪村

溝川に蓮咲きけり雲の峰/泉鏡花

決勝の壁と峯雲峙てり/高澤良一

雲の峰稲穂のはしり/河東碧梧桐

傾ける地の雲の峯麦畑/京極杞陽

黒人の唇に音楽雲の峰/仙田洋子

補陀落の雲の峰より滝の音/春樹

すき腹に風の吹けり雲の峰/一茶

突然に病葉雲の峰よぎり/上野泰

空港に眼鏡の力士雲の峰/吹野保

静さや湖水にうつる雲の峯/霞東

かさなるや山々の峯雲の峯/森鴎外

梅雨空へ三十六峰雲を吐く/滝青佳

俳句例:61句目~

雲の峯硯に蟻の上りけり/子規句集

しづかさや湖水の底の雲の峰/一茶

雲の峰いくつ並びて海の盆/森澄雄

噴煙を包みて太る雲の峯/羽部洞然

雲の峰また鶸の鳴き渡るなり/龍太

雲の峰一人の家を一人発つ/岡本眸

田中正造ほどの男と入道雲/高島茂

雲の峰人間小さく働ける/星野立子

雲の峰凌雲閣に並びけり/正岡子規

雲の峰天の群雄割拠かな/西田浩洋

雲の峰牛一方に動き出す/田浦夢泉

仰ぎ見る峰雲一基一菩薩/熊野鳥湖

雲の峰百姓うごくばかりなり/松浜

夕風にあてなくなりぬ雲の峯/鶴英

雲の峰眦あつき病臥かな/太田鴻村

雲の峰立正安国論を蔵す/川崎展宏

雲の峰聳つ古里の文宝川/谷口荒太

雲の峰雲の峡あり大石田/福永耕二

興るとき紺天冒す一雷雲/野澤節子

ゆづり葉に一線の朱や雲の峰/石鼎

俳句例:81句目~

雲の峰風を孕みて網乾く/福島鼓調

足車踏む峯雲へ登るごと/羽部洞然

大阪や烟突に立つ雲の峰/藤野古白

カヌー皆雲の峯より帰りくる/篠原

雲の峰高きは女人禁制す/平畑静塔

天を灼く積乱雲の育つ峡/大野林火

雲の峰雲の峡あり大石田/福永耕二

青空の深くて曲る雲の峰/右城暮石

天竜に舟躍り出づ雲の峰/清水節子

順々にうごき出しけり雲の峰/一茶

寂しさのてのひら返す雲の峯/間石

寂滅の鐘の響きや雲の峯/水田正秀

飯粒のねばり強さよ雲の峰/日原傳

寝てくらす麓の嵯峨ぞ雲の峰/来山

峯雲の三千丈の国に来し/鷹羽狩行

川光るとき決雁して雲の峰/角光雄

峯雲の放埓許す火の島は/三好潤子

強振の三振にして雲の峯/高澤良一

峯雲の漲れる日を産見舞/高澤良一

揚州の津も見へそめて雲の峰/蕪村

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ