季語/鞍馬の竹伐(くらまのたけきり)を使った俳句

「鞍馬の竹伐」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鞍馬の竹伐」について

【表記】鞍馬の竹伐

【読み方】くらまのたけきり

【ローマ字読み】kuramanotakekiri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・竹筏(たけきり:takekiri)

・鞍馬の蓮華会(くらまのれんげえ:kuramanorenge)

・鞍馬の竹伐会式(くらまのたけきりえしき:kuramanotakekirieshiki)

季節による分類

・「く」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

鞍馬の竹伐を含む俳句例

山刀一瞬ぬれし竹伐会/杉本寛

竹伐や冷光發す山刀/名和三幹竹

竹伐や丹波の占もきく近江/西鶴

竹伐つて嵯峨は初荷の牛車/句仏

竹伐て表につむや人形店/松瀬青々

豪快に法師の一刀竹伐会/浅野/房

竹伐会済みし谷川激ちけり/轡田進

竹伐や光るは腰の替の斧/新上一我

竹伐りて蚊の声遠き夕哉/加舎白雄

竹伐りて深緑毫も損はず/村上冬燕

一日や竹伐る響竹山に/松本たかし

上皇の島や竹伐る頃近し/萩原麦草

竹伐や鞍馬を包む雲の中/田中拾夢

竹伐や面のやさし荒法師/藤本朝海

石垣に火の攻めし跡竹伐会/渡辺昭

竹伐や雄叫びかぶる山刀/内貴白羊

竹伐や錦につつむ山刀/鈴鹿野風呂

竹伐や弁慶頭巾白妙に/鈴鹿野風呂

宝刀を捧ぐ山伏竹伐りに/小林京子

宝前に白刃振ひ竹伐会/川口雨太郎

俳句例:21句目~

寺深く竹伐る音や夕時雨/黒柳召波

竹伐の鬨や雲中にて走る/桂樟蹊子

竹伐りの大音声ぞ山びこも/山下喜子

竹伐りの数幹にして潔し/古賀まり子

竹伐り置く唐招提寺門前に/西東三鬼

竹伐るや丸子の里に犬の数/古舘曹人

竹伐るや隣の竹も顫へ居り/西山泊雲

竹伐れる音倒れゆく音つゞき/蘭添水

一山に法螺の響かひ竹伐会/青垣和子

乙訓の竹伐日和暮れにけり/大石悦子

人声と竹伐る音と裏の山/宇佐美ふく

竹伐つて天の一劃掃き崩す/村上桂月

冬空の一方へ竹伐り倒す/榎本冬一郎

竹伐会大蚯蚓出て雨を呼ぶ/大島民郎

門前に竹伐り出して西芳寺/中田余瓶

露浴びて竹伐る人や藪の中/高浜虚子

露霜や竹伐りたふす竹の中/石田波郷

崖の竹伐ればとぶなり烏瓜/藤原如水

庵出て春の竹伐る法師かな/佐川広治

風花や竹伐り出だす京の奥/長谷川櫂

俳句例:41句目~

竹伐つて明るくなりぬ夏薊/勝山蕎歩

竹伐の場をひらひら山の蝶/近藤不彩

時無しに竹伐る春の谺かな/青木重行

竹伐つて男下りくる春の山/井上弘美

竹伐つて薬石の時近づけり/石川桂郎

竹伐つて風の音階変りけり/栗山妙子

竹伐られたる明るさよ僧の墓/森田峠

竹伐の外には見えず菊の笠/内藤丈草

竹伐の法師や稚児に従ひて/田中王城

竹伐や遥かにけぶる比叡山/今井保喜

竹伐られ信玄の墓こゝにあり/森田峠

竹伐りし顔がでてくる椹野川/飴山實

竹伐りて里山せまる城下町/鈴木雅子

竹伐りにほどよき鶏鳴厠でて/中田剛

竹伐りのこだま海側山側に/手塚美佐

竹伐の一刀に伐り剰したり/山田ひろむ

おびえては竹伐る人に藪騒ぎ/萩原麦草

竹伐つて雲中に径湧くごとし/白澤良子

竹伐るや春浅き日を揺りこぼし/若林肇

竹伐るや小雨がちなる千早村/下村槐太

俳句例:61句目~

一太刀に断ちし竹撥ね竹伐会/田中驕生

竹伐るや墓参の人は川づたひ/田中裕明

名月や笛になるべき竹伐らん/正岡子規

竹伐の初めに稚児の言葉あり/山下花石

太刀風に雨たばしるや竹伐会/和田祥子

竹伐つて思わぬ西の見えて来し/徳弘純

竹伐りも弟子二三年勤めねば/高野素十

竹伐つて積む断面がOの唇/田川飛旅子

戛然と竹伐る音に背を打たる/大石悦子

朝からの竹伐つてゐる響かな/矢野蓬矢

朝鵙に竹伐り落とす磧かな/金尾梅の門

極寒の竹伐つて鉈ひらひらす/栗原憲司

源義忌竹伐る音のはるかより/石飛如翠

潮どきの竹伐りそろへ鞍馬みち/塩崎緑

秋晴れて竹伐る音や光悦寺/五十嵐播水

竹伐って思わぬ西の見えて来し/徳弘純

竹伐って村のこだまを運び去る/神蔵器

竹伐りや法師の前をもつれ蝶/岩城佳洲

竹伐りて横ふ青さあらたまり/皆吉爽雨

竹伐りの歩くが見ゆる藪の中/岡田耿陽

俳句例:81句目~

竹伐つてゆさ~背負ひ御僧達/高木晴子

竹伐つて一燈涼を呼ぶごとし/中嶋秀子

竹伐つて一生涯のみ空かな/村田まさる

竹伐のいみじき美男法師かな/水茎春雨

竹伐つて音の転がる苑も奥/水田むつみ

竹伐やいかづち雲の峰に生る/岸風三楼

竹伐つて大藪を出る霞かな/大谷碧雲居

竹伐つて小声で語る竹の中/青柳志解樹

竹伐りのゐる墓山に詣でけり/山本洋子

竹伐れば秋風石にひゞくなり/黒木野雨

荒海へ竹伐る響き落ちゆけり/渡辺恭子

鉈の音のぼりて寒の竹伐らる/橋本夢道

竹伐つて月の光に打たせあり/長谷川櫂

風花や青き竹伐り死者の杖/三ヶ尻湘風

竹伐つて夕べ忌中のパイプ拭く/宮武寒々

竹伐つて日向つくりぬ冬構/長谷川かな女

竹伐られ切口を風はしりけり/成瀬櫻桃子

竹伐りて夕日ひらきぬ山小春/金尾梅の門

竹伐つて穴あきしごと空のぞく/夏目麦周

竹伐りて道に出し居る行手かな/高浜虚子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ